レモンポークと瀬戸内海

【岩城島 #2】砂浜をかける子ブタ、レモンポークとなる!

ここは瀬戸内海のど真ん中、愛媛県上島町の岩城島。小さな島々が遠くまで霞むさまは、新渡戸稲造をして「瀬戸内海は、世界の宝」といわしめたほど。

瀬戸内海 岩城島

その美しい浜辺を気分よく歩いていると、散歩中の子犬を発見。

レモンポーク

こんな砂浜をひとり占めして、気持ち良さそう。颯爽とかけるその姿は、まるで…

レモンポーク

ブルドッグ?
いえ、

レモンポーク

本物のブタでした。

島に来る前から聞いてはいたのです。
「青いレモンの島」には、レモンで育つブタがいる。

でもまさか、こんな砂浜でお目にかかるとは……。都会の人が見たら(犬が見ても?)羨ましがるのは間違いない “お散歩” をしていたのが、松浦農場松浦史拓さん(44)とまだ1才に満たない子ブタちゃん。

レモンポーク 松浦さん

松浦さんはこの砂浜の真向かいにある農場でブタを育てる畜産家です。もともとは広島で10年ほど、エンジニアとして働いていたという。それがなぜ、この岩城島で養豚を?

「私が30才のときに、母が病気になったという知らせを受けて、「どうだ?」と。いま考えたら、だまされたのかもしれません」と笑う。

そういいながらも、父から受け継いだ農場は、今や当初の2倍もの規模に。もちろん、はじめから順風だったわけではない。営業にいっても「ブタは要らないから、魚ないの?」と言われたという。

島特産のレモンとの出会いが、飛躍のチャンスに!循環型農業の誕生

青いレモンの島

その松浦さんの転換期となったのが、島特産のレモンとの出会い。

「青いレモンの島」® 岩城島では、フレッシュなレモンを売るだけでなく、ジャムなどの加工品もたくさん作っている。その際、レモンの皮は苦味の原因となるため、1つずつ皮をむき、果肉と果汁だけを使い、残りは廃棄していると聞いた。

「その皮を生かせないか?」

これが大きな転換期となる。

lemon pork farm

もともと廃棄していたレモンの皮が、雑食性のブタにとってはエサになる。レモンで育ったブタが、良質な『レモンポーク』となる。そのうえ、排泄物を発酵させ、堆肥化すると、良質な肥料となって畑に還る。そこからまたレモンが育つ。

つまり、『レモンポーク』のここが賢い!
【Point 1】養豚家は、地元の安全なレモンの皮をエサ用に譲ってもらえる(エサ代削減)
【Point 2】ジャムをつくる加工場は、廃棄していた皮をひき取ってもらえる(廃棄費削減|廃棄するにもお金はかかる)
【Point 3】良質な堆肥が、地元農家に還元される(肥料代低減)
【Point 4】さらにおいしいレモンが採れる!(循環型農業の実現)

そしてもちろん、
【Point 5】『レモンポーク』がおいしい!

三方良しならぬ、養豚家、加工場、農家、消費者、そして環境(地元)にも良い、五方良しだ。そうしてできたのが、こちら。

レモンポークソテー『レモンポーク・ソテー』

もうこの際、余計なものはナシとしましょう。レモンとレモンポーク、あとは塩・胡椒で十分おいしい!

料理が苦手な人でもこれなら安心。フライパンでササッと炒めるだけ。超カンタンで見栄えよし。それでいて抗疲労効果、スタミナ・ビタミン補強となるレモンを皮ごと食べるから、仕事や家事でお疲れの人も、部活をガンバる子どもたちにもオススメです。

かつて「ブタは要らない。魚はないの?」といわれた松浦さん。この『レモンポーク』を育てるようになって、ほとんど営業はしていないそう。

「脂に甘みがあるのに、しつこさはない。」その噂がクチコミで広がり、自然と引き合いが増えたから。レモン博士から始まった「青いレモンの島」づくりは、みごとにレモン農家だけでなく、島全体を潤している。

『レモンポーク』のお買い物はコチラ

岩城島バナー

関連記事

  1. 【曽爾村 #1】素肌美人のヒミツは、湧きいずる名水と完全無農薬「田舎こんにゃく」にあり!?

  2. 梅谷醤油_大杉樽

    【吉野町 #2】100年来の蔵付き酵母が、少しずつ少しずつ。1年かけて醸し出す「宮滝醤油」が問う、本物とは?

  3. 大森の郷

    【十津川村 #5】アレックス・カー氏とつくる、古民家ホテル『大森の郷』〜 In Search of Japan’s Beauty

  4. 【阿智村 #1】『具だくさんトマトソース』は高野豆腐、ニンニク、しめじ入り。伝統+オリジナリティで「これじゃなきゃダメ!」を生む

  5. basecamp coffee

    【中川村 #2】「basecamp COFFEE」で伊藤さん夫婦がつくるスープカレー&コーヒーは、心を温め人を呼ぶ

  6. 【大玉村 #5】『大玉村BOOK』発行しました!

  7. 岩城島「青いレモン」

    【岩城島 #1】瀬戸内海の岩城島「青いレモンの島」® となる。立役者・レモン博士とは?

  8. 中川はちみつ工房

    【中川村 #1】中川はちみつ工房のハチ研究家・富永朝和さんは、ハチと会話し、楽園をつくる!

  9. あちの里

    【阿智村 #2】郷土料理を超えていけ!お漬物が「キレイでしょ」といえるからプライドになる。

  1. 富士見堂せんべい

    下町の「せんべい屋・富士見堂」が、激戦のJR東京駅グランスタで1…

    2019.09.17

  2. 紅・翡翠・琥珀色 光のむこうに見るものは 〜『しそジュース&梅ジ…

    2019.08.07

  3. 梅のブランデー漬

    【SHOP】しみじみおいしいの秘密「カリカリ梅のブランデー漬」

    2019.07.23

  4. 阿智の里の漬物

    【SHOP】阿智村の漬物シリーズ1〜5|みょうが・赤根大根・らっき…

    2019.06.17

  5. あちの里_ゆず味噌

    「誰といると心が素直になれますか?」やさしくなれる阿智村のゆず…

    2019.06.08

  1. あちの里_ゆず味噌

    「誰といると心が素直になれますか?」やさしくなれる阿智村のゆず…

    2019.06.08

  2. endoji_street

    『名古屋 円頓寺商店街の奇跡』〜 シャッター街は甦ったか?【書評】

    2018.09.04

  3. レモンポーク・ハンバーグ&餃子

    【SHOP】レモンポークのぎょうざ&ハンバーグ 420円〜

    2019.04.23

  4. 寺院 瓦

    「キレイなものだけ、見ていれば良い」という強さ。

    2019.02.24

  5. 梅谷醸造元ぽん酢しょうゆ

    マツコも、ハリウッド女優も魅せられる。梅谷醸造元の「宮滝ぽん酢…

    2018.03.30

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー