【田野畑村 #1】今こそ1番ウマいとき! 北三陸の漁師たち自慢の「ワカメしゃぶしゃぶ」を味わうなら今

※ 2021年産「早採りワカメ」 販売スタートしました!

ご注文はコチラから

2月初旬。北三陸の海は、凍てつく寒さ。
その波間をぬって小さな漁船が沖へゆく。

ここは世界三大漁場の1つ三陸沿岸。青森県八戸から宮城県金華山まで、およそ400kmつづくリアス式海岸の中でも、とりわけ荘厳な景観を呈するのが 岩手県田野畑村です。

かつては「陸の孤島」とまでいわれた村の住民が、口をそろえて自慢する美味。それが「早採りワカメ」。1年でわずか3週間ほどしか採れず、村外に流通することもほとんどない。

本当にそれほど旨いのか? ワカメはワカメでしょ? そんな思いを抱きつつ、浜の漁師を訪ねました。

田野畑村 北山崎これぞ三陸リアス式海岸と呼ぶべき、圧巻の景観がつづく

「地味な仕事のわりに体力を使うので、実はこの作業はあまり好きじゃないんです」。そう笑うのは、田野畑村 島越地区で代々漁師を営む三浦太知(たち)さん。父の善人(よしと)さんと2人で愛船・前島丸に乗りこみ、ワカメが育つ網をたぐる。

2人で1日中仕事をしても、ロープ1本分を終えるのが精一杯。親潮と黒潮がぶつかる急流な北三陸の海で、終日波にゆられるのはいかにベテラン漁師といえどキツイのです。それでも「早採りワカメの美味しさは格別」 と太鼓判を押す。

tanohata-fisherman

実は、田野畑村のワカメが出荷のピークを迎えるのは、3月〜4月。まだ少し先のこと。1年で最も水温が下がる2月は、本来なら、外海でワカメをじっくり育てる大切な時間です。それなのに、村の人たちは「1番ウマいのは、早採りワカメ」と断言する。

「早採りワカメは、文字どおり “早採り” したワカメです。茎はまだ細く、葉も透けるほど薄い。つややかな色もこの時期ならでは。サッと湯がくだけですぐ食べられます」と、三浦さんはいう。

十分に育ちきると、硬さが増す。そうなる前のいわば “ワカメの子どもたち” だからこそウマい。その特性を最大限に生かす料理が「ワカメしゃぶしゃぶ」です。

tanohata-wakame-shabu採りたてワカメは、茶褐色(写真奥)だが、湯にとおすと一瞬で鮮烈な緑に変わる。たったこれだけで、極上の品のでき上がり。

余計なものは、なにもいりません。ただお湯をわかすだけ。塩もダシも、調味料さえいらない。沸騰したお湯のなかに「早採りワカメ」をサッとくぐらす。一瞬で、茶褐色のワカメがエメラルドグリーンに変わる。それだけで、「もう十分においしい」。

はじめて食べた人は、ほぼ例外なく、こう漏らします。「ワカメって、こんなに美味しかったんだ…」。

田野畑村漁師_三浦

北三陸の海は、季節と共にさまざまな恵みをもたらす。左からワカメ、ウニ、ホヤ。

それほどの美味ならば、なぜ、全国的には無名なのか? 田野畑産ワカメに魅せられ、その特徴を研究する東北大学 農学博士の石川豊氏は、自らの講演をこう題します。「なぜ、田野畑産ワカメは世界一なのに、世界一になっていないのか?」

石川氏によると、どうやらこういうことです。

● 流通量・出荷期間があまりに限定的(つまり単に知る人が少ない)
● 一般に流通するときは、保存性のよい「塩蔵ワカメ」に加工される
(早採り「生」ワカメは日持ちしないので地元・近隣消費にとどまる)
● 漁協経由で首都圏に出るときは、「三陸産ワカメ」として他のワカメと混ざってしまう

この状況に歯がゆい思いをしている住民は多く、しばしばこんな本音が漏れ聞こえてきます。

「三陸ワカメとひとくくりにしないで!」
「よそのワカメとは、モノが違う」

ふだんは温厚で、なにごとも謙遜する住民が、ことワカメの話になると強烈な自負を顕にします。

田野畑村ワカメ
田野畑村ワカメ酢の物

しゃぶしゃぶを堪能した後は、サラダ、酢の物、味噌汁… ワカメ尽くしを味わって欲しい

このおいしさは、食べて頂かねば分からない。
論より証拠です。

そこで、漁師たちと連携し、特別企画をご用意しました! 「朝採りたて」を北三陸・田野畑村から、その日のうちに直送します!!

ご注文はコチラから

天候により漁に出られない日もあるので【お届け日指定は不可】です。「日にちは任せるから、自慢のワカメを送ってくれ!」という方は、ぜひご注文ください。

田野畑村漁師_三浦「早採りワカメのおいしさは、格別です!」

 

お買い物ページはコチラ

関連記事

  1. レモンポークと瀬戸内海

    【岩城島 #2】砂浜をかける子ブタ、レモンポークとなる!

  2. 富士見堂せんべい

    【東京 下町】富士見堂せんべい・佐々木社長に聞く「東京・江戸ブランドが今、求められている」

  3. 【曽爾村 #1】素肌美人のヒミツは、湧きいずる名水と完全無農薬「田舎こんにゃく」にあり!?

  4. 【十津川村 #1】雄々しく切り立つ断崖。悠然と流れる川。幽幻の美に浸る、日本随一の秘境・瀞峡

  5. 柿の葉ずし

    【吉野町 #5】甘酒部門 第1位「日本一の手みやげはこれだ!」美吉野酒造の甘酒&文豪・谷崎潤一郎が愛した「柿の葉ずし」

  6. 中津川民宿

    【飯豊町 #1】民泊の先駆け「なかつがわ農家民宿組合」は、助け合いながら個性を磨く。

  7. 香月

    【飯豊町 #5】人気菓子店「香月」は、兄・和菓子、弟・洋菓子を通して町を元気にする!

  8. 石見銀山 群言堂_松場大吉・登美

    【出雲・石見銀山 #3】松場大吉・登美夫妻が10年がかりで蘇らせた「暮らす宿 他郷阿部家」は、なぜ人の心をつかむのか

  9. 大森の郷

    【十津川村 #5】アレックス・カー氏とつくる、古民家ホテル『大森の郷』〜 In Search of Japan’s Beauty

  1. あと2週で終了「これが本物か!」と驚くワカメしゃぶしゃぶの旨さ

    2021.02.21

  2. うれしい誤算… 季節をめぐる完熟ジャムが次々に売り切れる

    2021.02.16

  3. 秘境キノコ&つきぢ田村「すき焼き」

    【SHOP】プロ料理人が認める『秘境キノコ』の旨さをご堪能ください

    2020.11.22

  4. いわぎレモン鍋

    【初物開始】2020年「青いレモンの島」のレモン出荷スタート

    2020.10.20

  5. 阿智村ジャム工房「とうもろこし(きび)バター」

    【完売御礼】とうもろこしバターのファン急増! 1年分が1ヶ月で売…

    2020.10.04

  1. あと2週で終了「これが本物か!」と驚くワカメしゃぶしゃぶの旨さ

    2021.02.21

  2. 開田高原の味噌漬カマンベールチーズ

    『味噌漬モッツァレラチーズ』は2人の発酵職人が生みだす「発酵の…

    2019.12.08

  3. あちの里_ゆず味噌

    「誰といると心が素直になれますか?」やさしくなれる阿智村のゆず…

    2019.06.08

  4. 朝ごはん

    「何を買うかより、誰から買うか」。僕たちはもう、おいしいだけの…

    2019.05.27

  5. 「青いレモンの島」岩城島のレモン

    「青いレモンの島」の「青いレモン」、出荷始まりました!

    2019.11.16

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー