【田野畑村 #1】今こそ1番ウマいとき! 北三陸の漁師たち自慢の「ワカメしゃぶしゃぶ」を味わうなら今

2月初旬。北三陸の海は、凍てつく寒さ。
その波間をぬって小さな漁船が沖へゆく。

ここは世界三大漁場の1つ三陸沿岸。青森県八戸から宮城県金華山まで、およそ400kmつづくリアス式海岸の中でも、とりわけ荘厳な景観を呈するのが 岩手県田野畑村 だ。

かつては「陸の孤島」とまでいわれた小さな村に、住民たちが口をそろえて自慢する美味がある。1年でわずか3週間ほどしか味わえず、村外に流通することもほとんどない。「早採りワカメ」と呼ばれている。

本当にそれほどウマいのか? ワカメはワカメでしょ? そんな思いも抱きつつ、真相を知ろうと漁師たちと浜へ出た。

田野畑村 北山崎これぞ三陸リアス式海岸と呼ぶべき、圧巻の景観がつづく

「地味な仕事のわりに体力を使うので、実はこの作業はあまり好きじゃないんです」。そう笑うのは、田野畑村 島越地区で代々漁師を営む三浦太知(たち)さん。父の善人(よしと)さんと2人で愛船・前島丸に乗りこみ、ワカメが育つ網をたぐる。

2人で1日中仕事をしても、ロープ1本分を終えるのが精一杯。親潮と黒潮がぶつかる急流な北三陸の海で、終日波にゆられるのはいかにベテラン漁師といえどキツイのだ。それでも「早採りワカメの美味しさは格別」 と太鼓判を押す。

tanohata-fisherman

実は、田野畑村のワカメが出荷のピークを迎えるのは、3月〜4月。まだ少し先のこと。1年で最も水温が下がる2月は、外海でワカメをじっくり育てる大切な時間なのだ。「早採りワカメ」とは、そんな本格シーズンに先んじて、文字どおり “早採り” したワカメのこと。一般流通する正規品ではないので、市場やスーパーの店頭にはほとんど並ばない。

それなのに、この村の人たちは口をそろえていう。「1番ウマいのは、早採りワカメ」。「早採りワカメの茎はまだ細く、葉も透けるほど薄いです。つややかな色もこの時期ならでは。サッと湯がくだけですぐ食べられます」と三浦さんはいう。ワカメが十分に育ちきると、茎は太く、硬さも増す。「早採りワカメ」は、そうなる前のいわば “ワカメの子どもたち”。だから茎までやわらかい。

この「早採りワカメ」の特性を最大限に生かした料理が「ワカメしゃぶしゃぶ」だ。

tanohata-wakame-shabu採りたてワカメは、茶褐色(写真奥)だが、湯にとおすと一瞬で鮮烈な緑に変わる。たったこれだけで、極上の品のでき上がり。

余計なものは、なにもいらない。ただお湯をわかすだけ。塩もダシも、調味料さえいらない。沸騰したお湯のなかに「早採りワカメ」をサッとくぐらす。本当に一瞬で、茶褐色のワカメが緑色に変わる。それだけで、「もう十分においしい」。

はじめて食べた人は、次々にこう漏らす。「ワカメって、こんなに美味しかったんだ…」。

田野畑村漁師_三浦

北三陸の海は、季節と共にさまざまな恵みをもたらす。左からワカメ、ウニ、ホヤ。

それほどの美味ならば、なぜ、全国的には無名なのか? 田野畑産ワカメに魅せられ、その特徴を研究する東北大学 農学博士の石川豊氏は、自らの講演をこう題している。「なぜ、田野畑産ワカメは世界一なのに、世界一になっていないのか?」

学術的な理由は省くが、一般に広まらない理由は、どうやらこういうことらしい。

● 流通量・出荷期間があまりに限定的(つまりは単に知る人が少ない)
● 一般に流通するときは、保存性のよい「塩蔵ワカメ」に加工される
 (早採り「生」ワカメは日持ちしないので地元・近隣消費にとどまる)
● 漁協経由で首都圏に出るときは、「三陸産ワカメ」として他のワカメと混ざっている

そんな状況に歯がゆい思いをしている人は多く、村民たちに話を聞くと、しばしばこんな本音が漏れる。

「三陸ワカメとひとくくりにしないで!」「よそのワカメとは、モノが違う」「味噌汁にしてもすぐ違いは分かる。よそのは一晩たつとすぐとけるでしょ!」等々……。 ふだんは温厚で、なにごとも謙遜しがちな村民たちが、ことワカメの話になると強烈な自負がにじみ出る。

田野畑村ワカメ
田野畑村ワカメ酢の物

しゃぶしゃぶを堪能した後は、サラダ、酢の物、味噌汁… ワカメ尽くしを味わって欲しい

さて、「村外にほとんど流通しない」 というものの… これほど紹介しておいて、話だけでは申し訳ない。本当においしいかは、食べてみないと分からない。そこで…

貴重な「早採りワカメ」を特別にご用意しました! しかも「朝採りたて」の最高鮮度を北三陸・田野畑村から、その日のうちに直送します!!
 

ご注文はコチラから

 
天候により浜へ出られない日も多いので【お届け日指定は不可】です。「日にちは任せるから、自慢のワカメを送ってくれ!」という方のみご注文ください。

(2月中、または、長くとも3月初旬で「早採りワカメ」の出荷は終了です。万が一、期間中に出荷できなかった場合は、キャンセル・ご返金いたします)

運良く入手できた方は、とびきりの「ワカメしゃぶしゃぶ」をご堪能ください!

田野畑村漁師_三浦「早採りワカメのおいしさは、格別です!」

 

ご注文はコチラから

関連記事

  1. ながめやま牧場

    【飯豊町 #4】東北初の完全放牧による、ながめやま牧場の牛乳&ミルクジャム

  2. 【十津川村 #1】雄々しく切り立つ断崖。悠然と流れる川。幽幻の美に浸る、日本随一の秘境・瀞峡

  3. 香月

    【飯豊町 #5】人気菓子店「香月」は、兄・和菓子、弟・洋菓子を通して町を元気にする!

  4. 岩城島「青いレモン」

    【岩城島 #1】瀬戸内海の岩城島「青いレモンの島」® となる。立役者・レモン博士とは?

  5. 梅谷醤油_大杉樽

    【吉野町 #2】100年来の蔵付き酵母が、少しずつ少しずつ。1年かけて醸し出す「宮滝醤油」が問う、本物とは?

  6. 【大玉村 #5】『大玉村BOOK』発行しました!

  7. 米沢牛

    【飯豊町 #3】米沢牛というトップブランドを引きうける覚悟

  8. いいで米ネットワーク

    【飯豊町 #2】いいで米ネットワークは、飯豊町のイイ人、イイ米、イイ出会いをつなぐ

  9. 柿の葉ずし

    【吉野町 #5】甘酒部門 第1位「日本一の手みやげはこれだ!」美吉野酒造の甘酒&文豪・谷崎潤一郎が愛した「柿の葉ずし」

  1. 秘境キノコ&つきぢ田村「すき焼き」

    【SHOP】プロ料理人が認める『秘境キノコ』の旨さをご堪能ください

    2020.11.22

  2. いわぎレモン鍋

    【初物開始】2020年「青いレモンの島」のレモン出荷スタート

    2020.10.20

  3. 阿智村ジャム工房「とうもろこし(きび)バター」

    【完売御礼】とうもろこしバターのファン急増! 1年分が1ヶ月で売…

    2020.10.04

  4. すんき乳酸菌ゼリー

    花粉症が治ってしまった。驚異の乳酸菌「すんき」の力

    2020.03.27

  5. レモンなのに甘い! 皮ごと味わう「スイートレモン」とまるでオレン…

    2020.03.23

  1. 吉野川

    吉野山の観光渋滞を解消したというエリアマネージメントについて

    2018.04.24

  2. 秘境キノコ&つきぢ田村「すき焼き」

    【SHOP】プロ料理人が認める『秘境キノコ』の旨さをご堪能ください

    2020.11.22

  3. 割烹TAJIMA

    『割烹TAJIMA』(代官山) &十津川村の生ナメコ【お店探訪】

    2018.11.19

  4. 田野畑村ワカメ

    【SHOP】北三陸から朝採り直送! 春先の美味「ワカメしゃぶしゃぶ」…

    2020.02.26

  5. 梅谷醸造元ぽん酢しょうゆ

    マツコも、ハリウッド女優も魅せられる。梅谷醸造元の「宮滝ぽん酢…

    2018.03.30

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー