紅・翡翠・琥珀色 光のむこうに見るものは 〜『しそジュース&梅ジュース』の魅力

連日、猛暑がつづいています。そんな中、甲子園がはじまり、来年はオリンピックまであるという。本当に大丈夫なの? と、私が気を揉んでもなにも変わりませんが、これほど暑いと心配にもなります。

そんな暑い日にこそオススメの飲み物をご紹介します。

まるで信号機のように、赤・緑・黄色、3色並んでいますが(写真上)、なんだかお分かりでしょうか? 真ん中の「緑」は、コチラ でご紹介した『カリカリ梅のブランデー漬』。ドリンクではありません。

両脇の「赤」と「黄」こそ、「夏の定番ドリンクになる!」と愛して止まない「しそジュース」&「梅ジュース」です。

しそジュース&梅ジュース

なんといっても、その美しさに目が留まります。 これほど鮮烈な色がでるのに、着色料は一切無し。しそと梅の天然色だけで、この鮮やかさです!

器はぜひ、透明グラスを使ってください。光の加減、角度により、いろんな顔を見せてくれます。徐々に氷がとけていき、濃度が変わると、しそと梅の表情も移ろいでいく。そんな「愛(め)でる」飲み方は、このジュースなればこそ。

きらめく光を眺めていると、夏の想い出がよみがえったりします。昔の実体験もあれば、空想上のデジャブ(心象風景)のときも。 夏祭り、入道雲、縁側、夕涼み… そんなイメージをかき立てる不思議な作用が、うつくしいものにはあるようです。

夏休み

もちろん飲み物ですから、おいしくなければ意味がありません。その点もご心配なく。むしろ、こちらからお訊ねしたいぐらいです。「なぜこれほどに、しそジュースのおいしさは知られていないのか?」

「梅ジュース」は、梅酒や梅漬けを毎年たのしみにする家庭も多く、なじみある方が大勢います。居酒屋に行けば、メニューに梅酒がありますし、コンビニでも「チョー◯ 梅酒」などが簡単に手に入ります。

ところが「しそジュース」ときたら、都会ではその影すらほとんど見ることがありません。かくいう私も、数年前にとある田舎の農園レストランで出会うまで、ただの1度も飲んだことがありませんでした。

しそジュース&梅ジュース

そもそも「紫蘇(しそ)= 梅干し = 飲み物ではない」という先入観があって、自分のアンテナにひっかからなかったのかもしれません。それがひと度「しそジュース」の味を知って以来、行く先々で見かけては買い求めるほどになりました。

これほど熱烈に「しそジュース押し」するには、もう1つ理由があります。それは、暑い夏の健康維持・疲労回復を考えてのこと。

そもそも なぜ「紫蘇(しそ)」というのか? 紫蘇は中国から日本に伝わったとされる植物。漢名「紫蘇」が冠ぜられた背景には、こんな逸話があります。食中毒で死にかけていた若者に「紫蘇の葉」を煎じて飲ませたところ、たちまち元気になった。以来、「紫の蘇(よみがえ)る草」の意味で「紫蘇」と呼ばれるようになった、と。

しそジュース&梅ジュース

語源には諸説ありますが、日本でも古くから梅干と並んで、薬効・疲労回復効果があるとして重宝されてきましたから、「キレイ、ウマい、体にいい!」の三拍子 そろった「しそジュース」は、「夏の定番ドリンク」として欠かせないのです。

「しそジュース」に比べると、私の「梅ジュース愛」は、いささかトーンが下がります。しそに劣らず、「キレイ・ウマい・体にいい!」のですが、個人的にはどうも甘さが口に残るようでスッキリしません。

水や氷の加減で調整できますが、やはり甘みが強く感じる。これは個人の好みで、「シソより、梅が好き!」という方も大勢いらっしゃるでしょう。あくまでも個人の見解です。

梅ジュース

不思議なのは、そんな「梅ジュース」に「カリカリ梅のブランデー漬」を入れると、味加減が良くなること。「ブランデー漬」にも砂糖は含まれますから、入れれば甘さが強まるはずですが、なぜかあんばいが良くなる。

見かけが一層キレイになるから、目の錯覚かもしれませんが…!? いずれにせよ、夏のドリンクにはぜひ『しそジュース』&『梅ジュース』を試してみてください。

しそジュース愛好家、もっといませんか!?

「しそ&梅ジュース」 お買い物はコチラ

あちの里バナー

関連記事

  1. 岩城島 柑橘セット

    【SHOP】ちょっと訳アリ「青いレモンの島」の『レモン&柑橘セット』 2,980円

  2. 青いレモンの島のマーマレード

    【SHOP】2色の完熟レモンマーマレードは、レモンと砂糖だけで作った「レモンを味わう」ためのジャム

  3. つきぢ田村対談

    【対談】「美しい」と「美味しい」を届けるために

  4. 「青いレモンの島」岩城島のレモン

    「青いレモンの島」の「青いレモン」、出荷始まりました!

  5. 梅谷醸造元ぽん酢しょうゆ

    マツコも、ハリウッド女優も魅せられる。梅谷醸造元の「宮滝ぽん酢しょうゆ」続報

  6. すんきパスタ

    【SHOP】塩を使わない漬物「すんき」はこう楽しむ! 465円

  1. いわぎレモン鍋

    【初物開始】2020年「青いレモンの島」のレモン出荷スタート

    2020.10.20

  2. 阿智村ジャム工房「とうもろこし(きび)バター」

    【完売御礼】とうもろこしバターのファン急増! 1年分が1ヶ月で売…

    2020.10.04

  3. すんき乳酸菌ゼリー

    花粉症が治ってしまった。驚異の乳酸菌「すんき」の力

    2020.03.27

  4. レモンなのに甘い! 皮ごと味わう「スイートレモン」とまるでオレン…

    2020.03.23

  5. 三陸の海

    3.11 こんな日にこそ、明るいニュースを届けよう

    2020.03.11

  1. 至高の奥吉野メニュー 〜 レストラン「アコルドゥ」より

    2018.04.11

  2. basecamp coffee curry

    カフェ部門全国1位「クルミドコーヒー」と「basecamp COFFEE」に見…

    2018.12.25

  3. 梅のブランデー漬

    【SHOP】しみじみおいしいの秘密「カリカリ梅のブランデー漬」

    2019.07.23

  4. 青いレモンの島のマーマレード

    【SHOP】2色の完熟レモンマーマレードは、レモンと砂糖だけで作っ…

    2019.12.02

  5. 阿智の里の漬物

    【SHOP】阿智村の漬物シリーズ1〜5|みょうが・赤根大根・らっき…

    2019.06.17

アーカイブ

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー