ピンクレディージャム

【阿智村 #3】ピンクレディーに魅せられて。誰よりおいしく、美しいリンゴを

ピンクレディーといっても、ミーとケイではありません。UFOとサウスポーでもありません。リンゴの話。全国で44人しか生産者がいない(2020年現在)、まだ知られぬ「恋人たちのリンゴ」。それが「ピンクレディー」。

長野県松川町にある「くまちゃん農園」熊谷拓也さんが「ピンクレディー」に出会ったのは、ワーキングホリデーでオーストラリアへ農業体験に行ったとき。小さく、硬めで、ほんのりピンク色がかったリンゴを見つけた。食べるととても酸味が強い。しばらく置くと、糖度が増して、甘みと酸味両方を楽しめる。「おもしろい!」

そう思った熊谷さんは、さっそく日本に帰って苗木を入手、「ピンクレディー」を育てはじめた。

ピンクレディージャム熊谷さんの「ピンクレディージャム」お買物はコチラ

化学肥料・除草剤・ポストハーベスト一切なし! 手塩にかけた「ピンクレディー」

くまちゃん農園・熊谷さん

「やっぱり “ふじ” はおいしいですよ。シナノスイートも勿論おいしい。売れてるものには理由があるんです。でも、みんな同じじゃ面白くないですよね」

北アルプスの山々を見渡す、標高700mの地にある広大な果樹園で熊谷さんは話してくれた。

「今は全部で25品種ほど育てていますが、個人的にはもっと特長あるものを広げたいんです。でも、自分の想いだけでは、経営は成り立ちませんから(笑)」

熱いパッションと冷静な算盤を合わせもつ熊谷さんにとって、「ピンクレディー」はかわいい愛娘のようなもの。個性的で、いとしくて、大きく育つまでじっとより添う。だから 化学肥料・除草剤・ポストハーベスト一切なし! 文字どおり手塩にかけて育てている。

生果を最大限リスペクトしてくれるジャム屋さんとの出会い

阿智村・山木さん&熊谷さん「ピンクレディー」生産者・熊谷拓也さん(左)とジャム工房の山木店長(右)

農産物の国際認証基準GAPをクリアーするほど、品質管理を徹底する熊谷さんだが、有機農業をつづける上で、虫やキズ果と無縁ではいられない。収穫した実のほとんどを専門会社へ卸しているが、キズ果の値段は落ちてしまう。検品でハネた品の多くは、廃棄するしかなかった。そんなとき出会ったのが、阿智村ジャム工房の山木店長だ。

「山木さんがいてくれて、ボクらは本当に助かっています」。通常、加工用原料を買い求める業者は、少しでも原価を下げようと、値段を買い叩く。品質は二の次、三の次であることさえ珍しくない。「でも山木さんは、生果をリスペクトしてくれているのが分かる」。だからこそ、良い品質で応えたい。

信頼しあう農家とジャム屋が、協力してつくったのが、この「ピンクレディージャム」と「ピンクレディー・チーズクリーム」だ。

「ピンクレディー・ジャム」は、ピンク色の愛らしさが際立つ。シャキシャキ食感が楽しめるようにと、果肉を崩さずに仕上げている。

海外では「恋人たちのリンゴ」と呼ばれるピンクレディーだけに、ちょっと大人向けにピノ・ノワール(赤ワイン)を使っているのもポイント。芳醇な香りが鼻先をかすめます。(アルコールは炊いて飛ばしているので、お子さんでも心配無用です)

「ピンクレディー・チーズクリーム」は、さらに上質感を増した逸品。食パンよりも、軽くトーストしたカンパーニュやライ麦パンなどの方が良さそう。クラッカーなどにも付けたくなります。リンゴとチーズの相性の良さに、きっと驚くことでしょう。

有機農業を追求する熊谷さんと「超低糖度 完熟 無添加ジャム」を探求するジャム工房の山木さん。2人の出会いはピンクレディーに留まらず、もう1つ画期的な新商品につながります。それが「ついに実現、糖類0ゼロのジャム!」。次回ご紹介します。

阿智村 治部坂「ブルーベリー」ジャムジャム工房 年間売上 No.1
ブルーベリー

阿智村 治部坂「いちじく」ジャム編集部のイチオシ
いちじく

阿智村 治部坂「プルーン」ジャム美と健康のパートナー
プルーン

関連記事

  1. 吉野町国栖地区

    【吉野町 #4】「日本で最も美しい村」から世界に発信 〜 国栖(くず)の里に伝わる「おふくろの味」

  2. 小池糀店

    【木曽町 #1】強い糀(こうじ)が、ウマさの秘訣。小池糀店が守りぬく「味噌玉」のスゴさ!

  3. 岩城島「でべそおばちゃん」

    【岩城島 #4】町の記憶がおいしさを生む 〜 レモンの島のおふくろの味

  4. allan_west

    【特別対談 #3】日本画家 アラン・ウェスト 〜 美しき日本を求めて。

  5. 大玉村づくり株式会社

    【大玉村 #2】村づくり株式会社をリードする民間出身 社長&店長ツートップ(後編)

  6. 梅谷醤油_大杉樽

    【吉野町 #2】100年来の蔵付き酵母が、少しずつ少しずつ。1年かけて醸し出す「宮滝醤油」が問う、本物とは?

  7. 富士見堂せんべい

    【東京 下町】伝統と流行の狭間で 〜 せんべい屋・富士見堂の粋(前編)

  8. 飯豊町BOOK

    『飯豊町BOOK』発行しました!

  9. 中川はちみつ工房

    【中川村 #1】中川はちみつ工房のハチ研究家・富永朝和さんは、ハチと会話し、楽園をつくる!

  1. 南三陸町復興公園

    【3日間限定|送料無料】南三陸の美味「酒肴セット&オリーブオイ…

    2021.03.11

  2. 愛媛県上島町・岩城島の柑橘

    「今すぐ、あるだけ全部送って!」プロが全量買いつけたフルーツと…

    2021.03.02

  3. 和菓子の侘び寂び 〜「香月のイチゴ大福」は眺めたあとに舌鼓

    2021.02.28

  4. あと2週で終了「これが本物か!」と驚くワカメしゃぶしゃぶの旨さ

    2021.02.21

  5. うれしい誤算… 季節をめぐる完熟ジャムが次々に売り切れる

    2021.02.16

  1. 田野畑村ワカメ

    【SHOP】北三陸から朝採り直送! 春先の美味「ワカメしゃぶしゃぶ」…

    2020.02.26

  2. すんきパスタ

    【SHOP】塩を使わない漬物「すんき」はこう楽しむ! 465円

    2019.05.17

  3. レモンポーク・ハンバーグ&餃子

    【SHOP】レモンポークのぎょうざ&ハンバーグ 420円〜

    2019.04.23

  4. 「青いレモンの島」岩城島のレモン

    「青いレモンの島」の「青いレモン」、出荷始まりました!

    2019.11.16

  5. 寺院 瓦

    「キレイなものだけ、見ていれば良い」という強さ。

    2019.02.24

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー