『旬菜みそ茶屋 くらを』

【横手市 #1】こうじ味噌屋の母から娘へ「疲れたときは帰ってきなさい。私が元気にしてあげる」

秋田県南東部にある横手市は、岩手県と接する県内有数の豪雪地。冬は文字どおり雪に閉ざされる。それゆえ、たくさんの発酵食、暮らしの知恵が生み出され、受け継がれてきた。

味噌・麹(こうじ)・漬物・納豆・日本酒… 代々つづく蔵元が、互いに協力しながらしのぎを削る。

なかでも旧増田町は「蔵の町」として知られ、目を瞠るほど豪奢な蔵(内藏)が多数並んでいる。通りからは見えないが、一歩中へ入ると…

横手市増田「蔵のまち」

京左官の流れをくむ左官職人が、勉強のために… と増田町を訪れたところ、「そりゃもう、度肝を抜かれた」という。そんな町の一角に、『旬菜みそ茶屋 くらを』はある。

「もともと私は、超健康優良児。プロスキー選手になるつもりでした。ところが30才を過ぎた頃、体が急におかしくなり… 何をやるにも気力が湧かなくなりました。」

そう語るのは、『くらを』の女将・鈴木百合子さん。「旦那も息子もいるのに、ほとんど寝たきりになって……。 いよいよダメかと心配した旦那が、実家の母に連絡してくれました。すると母は、こう言ったんです。」

「秋田に帰ってきなさい。私が元気にしてあげる。」

『旬菜みそ茶屋 くらを』の味噌

「実家は、代々続く麹みそ屋『羽場こうじ店』です。母はとにかく “なんか食べなさい。少しでいいから食べなさい。” そういい続けました。」

体は急には治らないけれど、味噌汁を飲んだとき、体に染みていく感覚があった。

「それまでは、仕事に夢中で、便利なお店もたくさんあって… おなかを満たすだけの食事になっていました。今思うと、私の体は袋のように中身が空(から)っぽだったんですね。」

「体をこわして気づきました。うち(麹みそ屋)は、みんなの体をつくっているんだ、なんて素晴らしいんだ!って。もっと早く、気づいていたら……

そう思った鈴木さんに「まちの食堂 くらを」のイメージが生まれる。

『旬菜みそ茶屋 くらを』誕生 〜 おいしさと健康は1つに

『旬菜みそ茶屋 くらを』入口

麹みそ屋は「なんてすばらしいんだ!」「みんなの体をつくっているんだ」が1つになる場所。それを生かした料理を提供すれば、おいしさと心地よさ、健康を支えることになる。

そんな食堂が、町に1つあったら…
家族一緒にその食卓を囲めたら…

とても幸せなことではないか?

 
鈴木さんの想いが、具体的な形になっていく。実家には、父が大切に残してきた「蔵」(国登録有形文化財)がある。家業である「こうじ味噌」もある。なにより、母の「手料理」がある。

一汁一菜。
それで十分ではないか?

調理師向けの学校には通っていないけど、生まれてからずっと、家のこうじ味噌で育ってきた。寝たきりの自分を救ってくれたのも母の手料理だ。

「私が元気にしてあげる。」

母の言葉を大切に。
いつか私も、言えるかもしれない。

『旬菜みそ茶屋 くらを』の味噌汁

「わざわざお金を払って(味噌汁とお漬物を)食べる人はいない。」そういわれもしたけれど、幸いここは「蔵のまち・増田」。観光客も訪れる。

地元では当たり前でも、「蔵の町」に求められるのは、この町らしい風情と風土。実家を離れ、都会で暮らした自分が、1番必要としたのもそれだ。

大切にしたいものを、ちょっとずつ。
毎日、近所のお母さんたちから教わり続けた。

今、『くらを』は7年目を迎え、こうなっている。折しも “発酵ブーム” で、注目される機会も増えた。しかし、一時のブームには乗らない。流行になる遥か前から、『くらを』は『くらを』だったから。

“「発酵食だから健康にいい、食べましょう」というのは、ちょっと違うと思うんです。発酵文化を押しつけるようにはしたくない。

お母さんたちに「発酵料理だから作る。食べている」って感覚はないんです。

おいしいもの、土地に根ざしたものを食べていたら、それが発酵食と呼ばれるものだった、ってことですから。”

発酵食だから食べましょうではない。古いからいい、でもない。暮らしの中の “いいもの” に手を入れる。そんな『くらを』のスタイルが、心地よい。

『旬菜みそ茶屋 くらを』が、家の近くにあったらなぁ… つい、そう思ってしまう。まだまだ “発酵途中” の『くらを』が、これからどう変わっていくか。とても気になります。

 

『くらを』からの贈り物
まもなくスタート

 

横手市特集バナー

関連記事

  1. 大玉村づくり株式会社

    【大玉村 #2】村づくり株式会社をリードする民間出身 社長&店長ツートップ(後編)

  2. 富士見堂せんべい

    【東京 下町】富士見堂せんべい・佐々木社長に聞く「東京・江戸ブランドが今、求められている」

  3. allan_west

    【特別対談 #2】日本画家 アラン・ウェスト 〜 影を追いやって、日本は大切なものを失った

  4. ピンクレディージャム

    【阿智村 #3】ピンクレディーに魅せられて。誰よりおいしく、美しいリンゴを

  5. 中津川民宿

    【飯豊町 #1】民泊の先駆け「なかつがわ農家民宿組合」は、助け合いながら個性を磨く。

  6. 米沢牛

    【飯豊町 #3】米沢牛というトップブランドを引きうける覚悟

  7. 【田野畑村 #1】今こそ1番ウマいとき! 北三陸の漁師たち自慢の「ワカメしゃぶしゃぶ」を味わうなら今

  8. 飯豊町BOOK

    『飯豊町BOOK』発行しました!

  9. 2019.3.11 特別広告

    【特別企画】上を向いて歩こう

  1. 南三陸町復興公園

    【3日間限定|送料無料】南三陸の美味「酒肴セット&オリーブオイ…

    2021.03.11

  2. 愛媛県上島町・岩城島の柑橘

    「今すぐ、あるだけ全部送って!」プロが全量買いつけたフルーツと…

    2021.03.02

  3. 和菓子の侘び寂び 〜「香月のイチゴ大福」は眺めたあとに舌鼓

    2021.02.28

  4. あと2週で終了「これが本物か!」と驚くワカメしゃぶしゃぶの旨さ

    2021.02.21

  5. うれしい誤算… 季節をめぐる完熟ジャムが次々に売り切れる

    2021.02.16

  1. すんき乳酸菌ゼリー

    花粉症が治ってしまった。驚異の乳酸菌「すんき」の力

    2020.03.27

  2. 他郷阿部家 松場夫妻&ドミニク・コルビ

    【特別対談】フレンチの巨匠ドミニク・コルビ氏×石見銀山「暮らす宿…

    2019.12.30

  3. 開田高原の味噌漬カマンベールチーズ

    『味噌漬モッツァレラチーズ』は2人の発酵職人が生みだす「発酵の…

    2019.12.08

  4. 大玉村直売所

    大玉村の「住民出資、村づくり株式会社」という挑戦

    2018.05.02

  5. 阿智村ジャム工房「とうもろこし(きび)バター」

    【完売御礼】とうもろこしバターのファン急増! 1年分が1ヶ月で売…

    2020.10.04

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー