南三陸町 はらこ飯

【南三陸町 #1】『はらこ飯』〜 伝統はこうして受け継がれる

カッコいい伝統文化は受け継がれる。カッコ良くないから支持を失い、途絶えてしまう。そういったら、いい過ぎでしょうか?

郷土料理も同様に、おいしければ求められ、受け継がれる。そのうえ、見るからに “そそられる” 料理ともなれば、なおさらです。

南三陸町の「はらこ飯」を見ると、そう思えてきます。

南三陸さんさん商店街

ここは宮城県南三陸町。震災後の仮設商店街から発展した「南三陸さんさん商店街」を中心に “三陸で最も元気な町” をかかげ、町内外から人を集めています。

ヤマウチ鮮魚店山内正文 社長は、そのにぎわいを生む中心メンバーの1人。津波で自宅も、自社工場も、全て流されたにも関わらず、わずかひと月後には仮設店舗を再開し、周囲を鼓舞しつづけた方。

今や商店街名物になった「キラキラ丼」も、山内社長が呼びかけ事業者仲間が競い合うようにして広めました。ウニ、イクラ、アワビ、タコ、イカ… 文字どおりキラキラに輝く地元の海の幸を、思う存分どんぶりに盛りつけ、ふるまう。

いわゆる “映(ば)える” メニューの先駆けで、週末にもなれば人気店の前には長蛇の列ができます。

キラキラ丼(春)
キラキラ丼(夏)
キラキラ丼(秋)
キラキラ丼(冬)

画像参照:南三陸町観光協会

「キラキラ丼」は現地でしか食べられない限定メニューですが、きらめき具合では負けない人気メニューがあります。それが『はらこ飯セット』

「はらこ」とは「腹子」で鮭(サケ)の卵(イクラ)のこと。宮城県内 第1位の水揚げ量を誇る南三陸町の鮭とイクラを豪快に盛りつけます。鮭の親子丼(シャケ・イクラ丼)や海鮮丼に似ていますが、酢飯ではなく、鮭の「炊きこみご飯」といっしょに食べるのがポイント。

かつては伊達政宗にも絶賛されたといわれる、長い歴史ある宮城県の郷土料理です。それが今なお、ヤマウチ鮮魚店の人気メニューとして受け継がれています。

南三陸「はらこ飯」

おいしくなければ、これほど長い間、支持されたりしません。見映えの華やかさも、時代を超えて受け継がれる理由でしょう。もともとは漁師メシだった料理が、祝いの席やハレの日にも好まれるようになりました。

なにしろ、この華やかさ。
おめでたい日にピッタリです。

「素材が良いんだから、よけいなことはしなくていい」

山内社長は、こんなことを言っています。

世の中、よけいなものを使った商品が多すぎる。幸いにもここ南三陸町は、素材に恵まれているから、そうしたもの(添加物)に頼らずとも、シンプルに調理すれば喜んでもらえる。

この『はらこ飯セット』も、もちろん 保存料・着色料 無添加。原料は地場産のもの。それらは、ことさら強調することではなく、山内社長にとって「当たり前」のこと。
はらこ飯セット

今かりに景気がよくても、近くに別の商店街ができたら、すぐ人は流れるかもしれない。なにしろ今は、海そのものが変わっている。魚が獲れなくなり、人も減る。

今よければ良いのか、先を見すえて手を打つか……。幸いここは小さい町だから、どこかに弱っている人がいれば見える。お互いさま、おかげさまです。

まずやってみて、見えてくることってあるでしょ。行事でも、料理でも。

 
そう語る山内社長の『はらこ飯セット』は、郷土の歴史を受け継ぎながら、現代の暮らしにあった便利さを備えています。炊飯器1つでできあがり。

● 1〜2合のお米を研いだら「はらこ飯の具(汁)」と水を加える
● 炊飯 スタート
● ご飯が炊けたら、具(切身)と「いくら醤油漬」をのせる

以上!

南三陸町 はらこ飯

味、見映え、お手軽さ。
人気が出るのも納得です。

シンプル なのに、おいしい。
シンプル だから、おいしい。

いずれにしても、旨いのです。

「今まで夢中でやってきたから、これからの方が大変なのかもしれないね。」

山内社長はそうも言っていましたが、こうして伝えられた料理は、きっと次の世代へも受け継がれるでしょう。

「大切だから、守りましょう」より
「おいしいから、食べてみて」。

そう胸を張っていえる「はらこ飯」です。ぜひ、おためしあれ。
 

お買い物は、コチラ

南三陸町 特集バナー

関連記事

  1. basecamp coffee

    【中川村 #2】「basecamp COFFEE」で伊藤さん夫婦がつくるスープカレー&コーヒーは、心を温め人を呼ぶ

  2. 『旬菜みそ茶屋 くらを』

    【横手市 #1】こうじ味噌屋の母から娘へ「疲れたときは帰ってきなさい。私が元気にしてあげる」

  3. 富士見堂せんべい

    【東京 下町】富士見堂せんべい・佐々木社長に聞く「東京・江戸ブランドが今、求められている」

  4. 石見銀山 群言堂_松場大吉・登美

    【出雲・石見銀山 #3】松場大吉・登美夫妻が10年がかりで蘇らせた「暮らす宿 他郷阿部家」は、なぜ人の心をつかむのか

  5. allan_west

    【特別対談 #2】日本画家 アラン・ウェスト 〜 影を追いやって、日本は大切なものを失った

  6. 【木曽町 #2】小池糀店の味噌せんべい、ピリカラ糀、甘酒は専門店ならではの逸品ぞろい!

  7. 小池糀店

    【木曽町 #1】強い糀(こうじ)が、ウマさの秘訣。小池糀店が守りぬく「味噌玉」のスゴさ!

  8. 中井春風堂

    【吉野町 #3】「賞味期限は10分。」ここに来なければ食べられない、本物の「吉野本葛」を学び、食す、世界に1つの葛道場

  9. 大玉村、森の民話茶屋

    【大玉村 #4】民話で育む村の力 〜 民話茶屋・後藤さんの民話と手料理は、心の鼓動を伝えるライブ

  1. 南三陸町復興公園

    【3日間限定|送料無料】南三陸の美味「酒肴セット&オリーブオイ…

    2021.03.11

  2. 愛媛県上島町・岩城島の柑橘

    「今すぐ、あるだけ全部送って!」プロが全量買いつけたフルーツと…

    2021.03.02

  3. 和菓子の侘び寂び 〜「香月のイチゴ大福」は眺めたあとに舌鼓

    2021.02.28

  4. あと2週で終了「これが本物か!」と驚くワカメしゃぶしゃぶの旨さ

    2021.02.21

  5. うれしい誤算… 季節をめぐる完熟ジャムが次々に売り切れる

    2021.02.16

  1. 寺院 瓦

    「キレイなものだけ、見ていれば良い」という強さ。

    2019.02.24

  2. 他郷阿部家 松場夫妻&ドミニク・コルビ

    【特別対談】フレンチの巨匠ドミニク・コルビ氏×石見銀山「暮らす宿…

    2019.12.30

  3. 吉野川

    吉野山の観光渋滞を解消したというエリアマネージメントについて

    2018.04.24

  4. 阿智村ジャム工房「とうもろこし(きび)バター」

    【完売御礼】とうもろこしバターのファン急増! 1年分が1ヶ月で売…

    2020.10.04

  5. 朝ごはん

    「何を買うかより、誰から買うか」。僕たちはもう、おいしいだけの…

    2019.05.27

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー