南三陸町 はらこ飯

【南三陸町 #1】『はらこ飯』〜 伝統はこうして受け継がれる

カッコいい伝統文化は受け継がれる。カッコ良くないから支持を失い、途絶えてしまう。そういったら、いい過ぎでしょうか?

郷土料理も同様に、おいしければ求められ、受け継がれる。そのうえ、見るからに “そそられる” 料理ともなれば、なおさらです。

南三陸町の「はらこ飯」を見ると、そう思えてきます。

南三陸さんさん商店街

ここは宮城県南三陸町。震災後の仮設商店街から発展した「南三陸さんさん商店街」を中心に “三陸で最も元気な町” をかかげ、町内外から人を集めています。

ヤマウチ鮮魚店山内正文 社長は、そのにぎわいを生む中心メンバーの1人。津波で自宅も、自社工場も、全て流されたにも関わらず、わずかひと月後には仮設店舗を再開し、周囲を鼓舞しつづけた方。

今や商店街名物になった「キラキラ丼」も、山内社長が呼びかけ事業者仲間が競い合うようにして広めました。ウニ、イクラ、アワビ、タコ、イカ… 文字どおりキラキラに輝く地元の海の幸を、思う存分どんぶりに盛りつけ、ふるまう。

いわゆる “映(ば)える” メニューの先駆けで、週末にもなれば人気店の前には長蛇の列ができます。

キラキラ丼(春)
キラキラ丼(夏)
キラキラ丼(秋)
キラキラ丼(冬)

画像参照:南三陸町観光協会

「キラキラ丼」は現地でしか食べられない限定メニューですが、きらめき具合では負けない人気メニューがあります。それが『はらこ飯セット』

「はらこ」とは「腹子」で鮭(サケ)の卵(イクラ)のこと。宮城県内 第1位の水揚げ量を誇る南三陸町の鮭とイクラを豪快に盛りつけます。鮭の親子丼(シャケ・イクラ丼)や海鮮丼に似ていますが、酢飯ではなく、鮭の「炊きこみご飯」といっしょに食べるのがポイント。

かつては伊達政宗にも絶賛されたといわれる、長い歴史ある宮城県の郷土料理です。それが今なお、ヤマウチ鮮魚店の人気メニューとして受け継がれています。

南三陸「はらこ飯」

おいしくなければ、これほど長い間、支持されたりしません。見映えの華やかさも、時代を超えて受け継がれる理由でしょう。もともとは漁師メシだった料理が、祝いの席やハレの日にも好まれるようになりました。

なにしろ、この華やかさ。
おめでたい日にピッタリです。

「素材が良いんだから、よけいなことはしなくていい」

山内社長は、こんなことを言っています。

世の中、よけいなものを使った商品が多すぎる。幸いにもここ南三陸町は、素材に恵まれているから、そうしたもの(添加物)に頼らずとも、シンプルに調理すれば喜んでもらえる。

この『はらこ飯セット』も、もちろん 保存料・着色料 無添加。原料は地場産のもの。それらは、ことさら強調することではなく、山内社長にとって「当たり前」のこと。
はらこ飯セット

今かりに景気がよくても、近くに別の商店街ができたら、すぐ人は流れるかもしれない。なにしろ今は、海そのものが変わっている。魚が獲れなくなり、人も減る。

今よければ良いのか、先を見すえて手を打つか……。幸いここは小さい町だから、どこかに弱っている人がいれば見える。お互いさま、おかげさまです。

まずやってみて、見えてくることってあるでしょ。行事でも、料理でも。

 
そう語る山内社長の『はらこ飯セット』は、郷土の歴史を受け継ぎながら、現代の暮らしにあった便利さを備えています。炊飯器1つでできあがり。

● 1〜2合のお米を研いだら「はらこ飯の具(汁)」と水を加える
● 炊飯 スタート
● ご飯が炊けたら、具(切身)と「いくら醤油漬」をのせる

以上!

南三陸町 はらこ飯

味、見映え、お手軽さ。
人気が出るのも納得です。

シンプル なのに、おいしい。
シンプル だから、おいしい。

いずれにしても、旨いのです。

「今まで夢中でやってきたから、これからの方が大変なのかもしれないね。」

山内社長はそうも言っていましたが、こうして伝えられた料理は、きっと次の世代へも受け継がれるでしょう。

「大切だから、守りましょう」より
「おいしいから、食べてみて」。

そう胸を張っていえる「はらこ飯」です。ぜひ、おためしあれ。
 

お買い物は、コチラ

南三陸町 特集バナー

関連記事

  1. 【阿智村 #1】『具だくさんトマトソース』は高野豆腐、ニンニク、しめじ入り。伝統+オリジナリティで「これじゃなきゃダメ!」を生む

  2. 中井春風堂

    【吉野町 #3】「賞味期限は10分。」ここに来なければ食べられない、本物の「吉野本葛」を学び、食す、世界に1つの葛道場

  3. 2019.3.11 特別広告

    【特別企画】上を向いて歩こう

  4. allan_west

    【特別対談 #3】日本画家 アラン・ウェスト 〜 美しき日本を求めて。

  5. 大玉村カウサ・レジェーナ

    【大玉村 #6】「やってみっぺ!」で未来を拓く。大玉村とペルー料理「ALDO|アルド」がオリンピックへ向け共演

  6. スモークハウス白南風・青木章さん

    【出雲・石見銀山 #1】滾るマグマを見て、写真家から燻製職人へ。炎と煙の使い手・青木章さん

  7. 富士見堂せんべい

    【東京 下町】富士見堂せんべい・佐々木社長に聞く「東京・江戸ブランドが今、求められている」

  8. 大玉村づくり株式会社

    【大玉村 #2】村づくり株式会社をリードする民間出身 社長&店長ツートップ(後編)

  9. 梅谷醤油_大杉樽

    【吉野町 #2】100年来の蔵付き酵母が、少しずつ少しずつ。1年かけて醸し出す「宮滝醤油」が問う、本物とは?

  1. 南三陸町復興公園

    【3日間限定|送料無料】南三陸の美味「酒肴セット&オリーブオイ…

    2021.03.11

  2. 愛媛県上島町・岩城島の柑橘

    「今すぐ、あるだけ全部送って!」プロが全量買いつけたフルーツと…

    2021.03.02

  3. 和菓子の侘び寂び 〜「香月のイチゴ大福」は眺めたあとに舌鼓

    2021.02.28

  4. あと2週で終了「これが本物か!」と驚くワカメしゃぶしゃぶの旨さ

    2021.02.21

  5. うれしい誤算… 季節をめぐる完熟ジャムが次々に売り切れる

    2021.02.16

  1. 愛媛県上島町・岩城島の柑橘

    「今すぐ、あるだけ全部送って!」プロが全量買いつけたフルーツと…

    2021.03.02

  2. 梅のブランデー漬

    【SHOP】しみじみおいしいの秘密「カリカリ梅のブランデー漬」

    2019.07.23

  3. 青いレモンの島のマーマレード

    【SHOP】2色の完熟レモンマーマレードは、レモンと砂糖だけで作っ…

    2019.12.02

  4. 田野畑村ワカメ

    【SHOP】北三陸から朝採り直送! 春先の美味「ワカメしゃぶしゃぶ」…

    2020.02.26

  5. うれしい誤算… 季節をめぐる完熟ジャムが次々に売り切れる

    2021.02.16

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー