あちの里

【阿智村 #2】郷土料理を超えていけ!お漬物が「キレイでしょ」といえるからプライドになる。

長野県阿智村の「あちの里」さんのスタッフは、皆、自分たちのつくる料理がよほど好きなのだろう。「親戚や知人に、ぜひ贈りたいと思う品はどれですか?」と訊ねると、嬉々として「ワタシのお気に入り!」を教えてくれる。

その中にとても印象的な言葉をいった人がいる。『みょうがの甘酢漬』『カリカリ梅のブランデー漬』をあげた金子真理子さんだ。金子さんによると、

みょうがは阿智の特産品で、ピンク色がキレイでしょ。若梅はカリカリ感とキレイな翡翠(ひすい)色、両方を出すのが難しいんです。

ただ “おいしい” じゃなくて、どちらも「キレイでしょ!」といえるから、誇らしくて「好き」なんです。

阿智の里_味噌おにぎり

ごはんの脇役・お漬物だが、あざやかなピンクが映えることで料理全体がグッと華やかになる。

おいしさよりも、見栄えが大事というのではない。おいしいし、原料にも十分こだわっているけど、そのうえさらに「キレイだから」好きなのだ。

モノがあふれるご時世に、「おいしい」ものはどこにでもある。スーパーで「おいしくない」ものを見つける方が、むしろ難しいぐらいだ。

だからこそ、ただ「おいしいです」でも、「こだわってます」でもなく、「キレイでしょ」。これってじつは、とても大切じゃないだろうか?

あちの里 カリカリ梅ブランデー漬

「キレイでしょ。」

キレイなものを見ていると、気分がいいです。
清々しい。

成分がどう、糖度がどう、とか。最上級の原料のみをつかっています、とか。それらがどうでもいいわけではないけど、あまり神経質になりすぎると、疲れちゃいますね。つくり手も買い手も。

それよりは信頼できる相手から、「これ、よかったら食べてみて」といわれたものが、本当においしかったり、安心して食べられたりする方が、ずっとありがたく感じます。

あちの里

こちらは、金子さんの同僚・山田さん。
お気に入りは、『赤大根の甘酢漬』。

「さっぱりとした味付けが好き」なんだそうで。

ならばコメントも多くは語らず。でもその裏には、おいしさと美しさを出すための苦労が、たくさんあるんです。

鮮烈な真っ赤な色は、着色料を用いず、郷土野菜・赤大根ならではの自然の力を生かしたもの。味付けも人工甘味料に頼りません。

村外に暮らす親戚や知人へはもちろん、自分の子どもや孫たちにも安心して食べさせられるものを慈しみながらつくっています。

あちの里 漬物

1品ずつを大切にしているから、ふだんはご飯の脇役になるお漬物も、こうして食卓の中心に置いたって見劣りしません。(画像上:中央の角皿左から『赤大根の甘酢漬』『らっきょうの甘酢漬』『しまうりの粕漬』。右隣り小鉢は『小梅漬』

こうして素朴だけれど、滋味あふれるものを大切にするから、郷土への愛着も自信もおのずと湧いてくるのでしょう。「あちの里」の人と話していると気持ちがいいのは、そのへんにも理由があると感じます。

阿智村 あちの里

そのうえ鶏肉をソテーして 『具だくさんトマトソース』 をかければ、このとおり簡単に華やかな食卓がととのいます。(『具だくさんトマトソース』については、コチラを参照)

「あちの里」の河合社長によると、

“ 郷土料理をそのまんま出すのでは、よその人を引きつける力、実際にお金を払ってもらえるだけの商品にならない。郷土料理を受け継ぎつつ、新たな商品を生むんです。”

その強烈な自負が、スタッフにも共有され、ていねいな料理をつくるからこそ「キレイでしょ!」という自信につながるのでしょう。そういう故郷(ふるさと)が日本中にたくさんあると、旅をするのがもっと愉しくなりますね。

「あちの里」の旅、つづきます。

あちの里バナー

関連記事

  1. こねりのパン

    【中川村 #3】5年越しで理想の家を発見。『暮らしの工房 こねり』大池さん夫妻が見つけた「心地よい暮らし」

  2. 岩城島「でべそおばちゃん」

    【岩城島 #4】町の記憶がおいしさを生む 〜 レモンの島のおふくろの味

  3. レモンポークと瀬戸内海

    【岩城島 #2】砂浜をかける子ブタ、レモンポークとなる!

  4. 柿の葉ずし

    【吉野町 #5】甘酒部門 第1位「日本一の手みやげはこれだ!」美吉野酒造の甘酒&文豪・谷崎潤一郎が愛した「柿の葉ずし」

  5. allan_west

    【特別対談 #2】日本画家 アラン・ウェスト 〜 影を追いやって、日本は大切なものを失った

  6. 梅谷醤油_大杉樽

    【吉野町 #2】100年来の蔵付き酵母が、少しずつ少しずつ。1年かけて醸し出す「宮滝醤油」が問う、本物とは?

  7. 【曽爾村 #1】素肌美人のヒミツは、湧きいずる名水と完全無農薬「田舎こんにゃく」にあり!?

  8. 米沢牛

    【飯豊町 #3】米沢牛というトップブランドを引きうける覚悟

  9. いいで米ネットワーク

    【飯豊町 #2】いいで米ネットワークは、飯豊町のイイ人、イイ米、イイ出会いをつなぐ

  1. すんき乳酸菌ゼリー

    花粉症が治ってしまった。驚異の乳酸菌「すんき」の力

    2020.03.27

  2. レモンなのに甘い! 皮ごと味わう「スイートレモン」とまるでオレン…

    2020.03.23

  3. 三陸の海

    3.11 こんな日にこそ、明るいニュースを届けよう

    2020.03.11

  4. 田野畑村ワカメ

    【SHOP】北三陸から朝採り直送! 春先の美味「ワカメしゃぶしゃぶ」…

    2020.02.26

  5. 南米随一!美食大国・ペルー料理を大玉村(福島県)で堪能!

    2020.01.30

  1. 西日本豪雨、被災から1週間 〜 支援物資より義援金を!

    2018.07.14

  2. 他郷阿部家 松場夫妻&ドミニク・コルビ

    【特別対談】フレンチの巨匠ドミニク・コルビ氏×石見銀山「暮らす宿…

    2019.12.30

  3. 阿智の里の漬物

    【SHOP】阿智村の漬物シリーズ1〜5|みょうが・赤根大根・らっき…

    2019.06.17

  4. すんき乳酸菌ゼリー

    花粉症が治ってしまった。驚異の乳酸菌「すんき」の力

    2020.03.27

  5. 吉野川

    吉野山の観光渋滞を解消したというエリアマネージメントについて

    2018.04.24

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー