マツコも、ハリウッド女優も魅せられる。梅谷醸造元の「宮滝ぽん酢しょうゆ」続報

梅谷醸造元ぽん酢しょうゆ

先日、奈良県吉野町にある梅谷醸造元さんの「宮滝ぽん酢しょうゆ」をご紹介した。
1年も2年もかけて少しずつ、少しずつ「蔵付き酵母」が発酵を進めていくのを待つ、梅谷清嗣さん・清二さん兄弟の職人魂がこもった醤油だ。

その味に魅せられた多くの人たちの中に、映画監督・河瀨直美さんやオスカー女優・ジュリエット・ビノシュさんがいることにも触れた。


 
その河瀨監督 最新作『Vision』の公開日が決まったようです。
6月8日(金)です。

公式サイトは、コチラ:http://vision-movie.jp

ジュリエット・ビノシュさん&永瀬正敏さんのダブル主演。
公式サイトのトレイラー(特報)では、ミステリアスな音楽が流れる中、突如、銃声が鳴り「あなたは、許せますか?」という文字と共に終わる。

細かな作品紹介は同サイトに譲るとして、ここだけ(?)の裏情報を1つ。
映画『Vision』に登場する猟犬は、本物の吉野町の猟犬で、【吉野町 #1】命をいただく、矢的庵のジビエそば&ラーメン に登場した猟師・下中一平さんの愛犬(イノシシ猟のパートナー)です。

トレイラーでも、颯爽と山を駆け下りる姿が映っていますが、本物の猟犬だからこその迫真の演技(!?)を、ぜひスクリーンでご覧ください。


 
ほとんどを吉野の山中で撮影した今回の映画について、ビノシュさんはこんなコメントを寄せています。

都会では何も感じることができないけれど、こうして人間のルーツに戻るべきだと改めて思いました。(中略)ここ奈良では自然に囲まれた中で最高に贅沢な時間を味あわせてもらっています。神様へのお祈りにも参加させていただき、地球、世界と繋がっていることを再認識することができ、とても感動しました。

 
まさに「日本で最も美しい村」連合の1つ、吉野町の面目躍如といったところでしょう。
山の暮らしや祈りが、過去のものや観光客向けの見世物ではなく、今なお息づいている吉野町だからこそ、本物を知るビノシュさんのような方にも響く力があったのだろうと思います。

町の活性化や集客のためにフィルムコミッションを立ち上げたり、PRに躍起になるのも結構ですが、何よりももし、一流のアーティストや国内外から観光客を集めたいと思ったら、一過性のイベントやタレントによる動画コマーシャルなどにお金をかけるよりも、地道に、しかし着実に、自らの町の魅力と強みを磨いていくこと。

それ抜きに“PR”をいくらガンバっても大きな成果にはたどり着かないように感じます。

関連記事

  1. 大玉村直売所

    大玉村の「住民出資、村づくり株式会社」という挑戦

  2. 中井春風堂

    たった1人の熱狂が、世界を変える

  3. つきぢ田村対談

    【対談】「美しい」と「美味しい」を届けるために

  4. 至高の奥吉野メニュー 〜 レストラン「アコルドゥ」より

  5. 『大玉村Book』期間限定プレリリース!

  6. ナースログ

    風倒木がまちを潤す 〜 ナース・ログの役目