こねりのパン

【中川村 #3】5年越しで理想の家を発見。『暮らしの工房 こねり』大池さん夫妻が見つけた「心地よい暮らし」

中川村のことを調べるうちに、もの凄くおいしそうな天然酵母パンを焼くお店に出会った。リンゴ、山イモ、にんじん、ご飯からできた酵母をつかって焼いている。

パン屋さんはいろいろあるけれど、多くはやわらかな菓子パンや惣菜パンが主流。ヨーロッパのように食事のメイン(主食)となり、野菜や肉料理と合わせてもしっかり小麦の風味をきかせてくれるハード系パンは、日本ではまだ少ない。

『暮らしの工房 こねり』ではカンパーニュなどのハード系食事パンがメイン。「ときどき作る」という、自家製酵母発酵の豆乳ヨーグルトを使ったチーズケーキもむちゃくちゃおいしそう。「ここに行きたい!」と思った。

お店は、村の田園風景を見下ろす、小高い丘の上にある。5年間探しつづけて、ようやく見つけたという。

「もともと友だちが住んでいたんですけど、“出るので、どう?” といわれて。」

来てみたら、まさに「ここだ!と思った」と、大池達也さん(51)はいう。

元々は、奥さんのさおりさんと共に、名古屋でグラフィックデザイナーとして働いていた。当時は「仕事で成果を出すことをゴールにしていた」とふり返る。

でも「本来もっと大切なゴールって、何なの?」「自分たちが心地いい と思う暮らしって?」という声に向き合ったとき、都会を離れ、自然に囲まれた環境で子どもを育てることを決めた。

大池さん夫婦と話していると、どうやら「こねり」をよく理解するキーワードは、「そもそも」にあるようだと感じる。

「そもそも、私たち、どんな暮らしがしたいんだっけ?」

「そもそも、子どもたちを幸せに育てるには、どんな環境が1番いいんだろう?」

「都会にいると生活コストを稼ぐために働かなきゃいけないけど、そもそもの理想は、仕事と暮らしが一体になることだよね…」

そうやって「そもそも…」と、ものごとの本質を見つめていくと、やるべきことが見えてきた。ゆったりした空気が流れる『暮らしの工房 こねり』は、大池さん夫婦が暮らしを丁寧につむいできた結果、生まれたものだ。

暮らしの工房 こねりカンパーニュ

お店の看板といえる「カンパーニュ」は、麦が薫るハード系食事パン。蒸すと一層おいしさが増す。

では、そもそも大池さん夫婦にとって、なぜ移住先が中川村だったのだろう?

「はじめは安曇野や白馬など、名の知れたところを考えていたんです。ちょうど飯田市にデザイン職の募集があるのを見つけて、(中川村の隣り)松川町にまずは移住して、その間にどこか良い場所を見つけようとしました。」 そうして中川村にも出入りしているうちに、徐々に村へと惹かれていく。

「観光地化された町よりも、さらに自然が豊かで、でもちゃんと利便性もある場所の方がいいかなと。それになにより、中川村は風通しがいいんです。おもしろい人が、どこにいるか見える!

自然環境は大事だけど、どんな人と一緒に過ごすかもすごく大事。どんなご縁が生まれる場所かは、幸せの実感値を大きく左右するから。

その点、中川村には30〜40代のアーティストや職人気質の人が多くいる。【中川村 #2】でご紹介した「basecamp COFFEE」の伊藤さん夫婦もそうだし、工芸作家や建築家などの移住者もいる。

入口脇の大きな黒板「FREE Wai-Wai (ワイワイ)」には、子どもたちがメッセージ(落書き!?)を書いていく。閉鎖された村の塾から譲り受けた。

今、「こねり」のお客さんには、小さな子どもを連れた若いお母さん世代が多い。さおりさんの “ママ友” がいるのも一因だが、なにより「こねり」の雰囲気が、ママと子どもをホッとさせるのだ。

「店内のイスと机は、地元の保育園が閉園になると聞いてもらってきました。」 それが “いい味” を出している。奥のたたみ部屋には、子どもがゴロリ寝ころんで遊ぶのに十分なスペースがある。「いなかのおうち」に帰ってきた気持ちになれる。

きっと、ママも子どもも「パン屋さんに買い物に行く」ではなく、「こねりさんへ遊びにいく」という感じなのだろう。

最後に、そもそもなんで「パン屋 こねり」ではなく、『暮らしの工房 こねり』なのか?

実は「こねり」がパン屋として営業しているのは、週2回(基本、木曜&土曜日)のみ。夫・達也さんの本業は、整体師。体のコリをほぐす整体(マッサージ)がメインだ。

だから整体とパンを軸に「暮らし全体を心地よいものにする」のが『暮らしの工房 こねり』のお仕事。 いいかえると、そもそも整体もパンも、それ自体が目的じゃなく、人とご縁をむすび、「幸せに暮らす」ための手段やきっかけ であるということ。

なんだか、奥さんのパン紹介ばかりで、旦那さんの整体には触れぬまま終わってしまった…… 今回は時間の都合で、整体を受けられなかったのです。 達也さん、ゴメンナサイ m(__)m

休みの日にふらっと立ちよりたくなるお店。
そんな『暮らしの工房 こねり』さんです。

『暮らしの工房 こねり』
ーーーーーーー
【住所】長野県上伊那郡中川村片桐5095
【TEL】 090-5618-0271
【営業時間】パン:木曜 10:30~17:30(土曜不定期営業、年始・夏季休業あり)
※ 整体については、上記へ直接お問合せください。

中川村バナー

関連記事

  1. レモン鯛

    【岩城島 #3】レモンの島では鯛さえもレモン好き!?『レモン鯛の蒸し焼』に目が点

  2. いいで米ネットワーク

    【飯豊町 #2】いいで米ネットワークは、飯豊町のイイ人、イイ米、イイ出会いをつなぐ

  3. 中川はちみつ工房

    【中川村 #1】中川はちみつ工房のハチ研究家・富永朝和さんは、ハチと会話し、楽園をつくる!

  4. 岩城島「青いレモン」

    【岩城島 #1】瀬戸内海の岩城島「青いレモンの島」® となる。立役者・レモン博士とは?

  5. 【曽爾村 #1】素肌美人のヒミツは、湧きいずる名水と完全無農薬「田舎こんにゃく」にあり!?

  6. あちの里

    【阿智村 #2】郷土料理を超えていけ!お漬物が「キレイでしょ」といえるからプライドになる。

  7. 富士見堂せんべい

    【東京 下町】富士見堂せんべい・佐々木社長に聞く「東京・江戸ブランドが今、求められている」

  8. yubeshi

    【十津川村 #3】長寿の国の食べもの見聞録 〜「ゆうべし(柚子釜)」

  9. 富士見堂せんべい

    【東京 下町】伝統と流行の狭間で 〜 せんべい屋・富士見堂の粋(前編)

  1. 他郷阿部家 松場夫妻&ドミニク・コルビ

    【特別対談】フレンチの巨匠ドミニク・コルビ氏×石見銀山「暮らす宿…

    2019.12.30

  2. 「青いレモンの島」のレモンカード

    「元気を出して…」 レモンカードとライ麦パンは、やさしく背中を押…

    2019.12.17

  3. 開田高原の味噌漬カマンベールチーズ

    『味噌漬モッツァレラチーズ』は2人の発酵職人が生みだす「発酵の…

    2019.12.08

  4. 青いレモンの島のマーマレード

    【SHOP】2色の完熟レモンマーマレードは、レモンと砂糖だけで作っ…

    2019.12.02

  5. 「青いレモンの島」岩城島のレモン

    「青いレモンの島」の「青いレモン」、出荷始まりました!

    2019.11.16

  1. endoji_street

    『名古屋 円頓寺商店街の奇跡』〜 シャッター街は甦ったか?【書評】

    2018.09.04

  2. 阿智の里の漬物

    【SHOP】阿智村の漬物シリーズ1〜5|みょうが・赤根大根・らっき…

    2019.06.17

  3. 梅のブランデー漬

    【SHOP】しみじみおいしいの秘密「カリカリ梅のブランデー漬」

    2019.07.23

  4. 富士見堂せんべい

    下町の「せんべい屋・富士見堂」が、激戦のJR東京駅グランスタで1…

    2019.09.17

  5. 割烹TAJIMA

    『割烹TAJIMA』(代官山) &十津川村の生ナメコ【お店探訪】

    2018.11.19

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー