【阿智村 #1】『具だくさんトマトソース』は高野豆腐、ニンニク、しめじ入り。伝統+オリジナリティで「これじゃなきゃダメ!」を生む

地方を巡っていると、その土地に合った「しみじみおいしい料理」に出会います。それはたいてい、味覚としておいしいだけじゃなく、滋味あふれる、「体よろこぶ料理」でもあります。

一方で、おいしいなぁ〜 とは思うものの、商品として購入するには「ちょっと惜しい」、あともう一歩なにかが足りない… と感じるケースも少なくありません。

それはたいがい、パッケージングをふくむ見せ方・伝え方だったり、規格や味付けの微妙な差異だったりするのですが、懐かしさと心地よさの(現代のマーケット感覚にあった)バランスをうまくとっているなぁ〜 と感じさせてくれるのが、長野県阿智村にある「あちの里」さんの商品。

あちの里バナー

先だって公開した『あちの里』特集ページ(上画像バナーをクリック)もさっそく好評を博していますが、1つずつの料理はいずれもいわゆる「田舎料理」であり、昔ながらの「ふるさとの味」です。しかしご覧のとおり、けっして寂れた感じはなく、むしろ華があってワクワクする食卓を生む一品になっています。

古いだけでもダメ、流行を追いかけるだけでもダメ。そのバランスをいい塩梅にとっている。「あちの里」河合社長のことばを借りるなら、

「私たちは、地元の食材や文化を大切にしたいけど、郷土料理をそのまんま出すのでは、よその人を引きつける力、実際にお金を払ってもらえるだけの商品にならないんです。」

たとえば…

あちの里トマトソース

「あちの里」の代表的商品である『トマトソース』。

トマト栽培から製造まで自分たちで行い、完熟トマトを使うこだわりを持っていますが、それだけで大手がひしめくトマトソース&ケチャップ市場で勝ち残るのは難しい。

味がおいしいのは当たりまえで、プラスして自分たちならではのオリジナリティを注入し、「これでなきゃダメ!」と思わせる高みを目指す。難しいけど、そうまでしないと「ふるさとの味」が「売れる商品」にまでならない。具だくさん『ヘルシートマトソース』は、そんな苦悩、試行錯誤をくり返した末、トマト、タマネギ、ぶなしめじ、ニンニク、さらには高野豆腐を入れてようやく完成した。

文字どおり、おいしさと栄養がギュ〜ッと凝縮しているから、これ1つでパスタはもちろん、肉料理などに合わせてもしっかりと料理の味とバランスを支えてくれる「これじゃなきゃダメ!」になった。

そんなオリジナリティに富んだ商材があるからこそ、オーソドックスなケチャップも安定して買い求められる。「こだわって作ってます」や「地元野菜をいかした昔ながらの味です」だけでは、受け手の心に届かない。

「郷土料理を売っている、じゃないですよ。それらを受け継ぎつつ、新たな商品を生んでいるんです。」 そういう河合社長の言葉には、幾多の苦労と失敗をかさねてきた製造・販売事業者としての自負がにじむ。

あちの里 味噌
あちの里 おかず味噌

信州味噌が知られる長野県だけに、味噌をいかした商品もたくさんある。ここでも「伝統を受け継ぎつつ、オリジナルを生む」姿勢は変わらない。

『鬼くるみ味噌』は、NHKの朝ドラ『半分、青い。』で大人気になった五平餅のようにお餅やパンなどとの相性がよい甘辛風味。チューブ型だから塗ってすぐ食べられるのもうれしい。

『金山寺みそ』は、瓜(ウリ)、ナス、生姜、人参、昆布など、野菜たっぷりのおかず味噌だが、多くの金山寺味噌と違ってこちらはサラサラ感覚に仕上がっていてちょっと驚く。お茶漬けなどにもちょうど良い。

『ゆず味噌』『そば味噌』『さんしょう味噌』は、スタッフの原さんがいうとおり「揚げナスや焼きナス、ふろふき大根や豆腐田楽などにつけると、とてもおいしいです!」 季節の野菜や料理にあわせて、「今日はこれにしよう ♪ 」と、その日の気分で選び、楽しんでください。

こうして昔からの料理に自分たち流のアレンジを加え、ここにしかないオリジナルに変える、自家薬籠中のものとするのが「あちの里」の得意技。

創業当初、年輩のお母さんたち3人で始まった工房には今、若い母親世代のみならず男性スタッフも混ざって、食の記憶・郷土の伝統を受け継いでいる。それがひいては地域全体への愛情や誇りにもつながると信じている。

「郷土の伝統を守りましょう」と何万回いうより遥かにつよく、柔軟に、ここでは暮らしの知恵が伝承されている。現代の暮らしにもフィットし、若い人にとっても心地よい「あちの里」の商品は、“懐かしいけど、あたらしい”。

あちの里 金山寺味噌

次回「あちの里」の「お漬物&スイーツ」につづく。

あちの里バナー

関連記事

  1. basecamp coffee

    【中川村 #2】「basecamp COFFEE」で伊藤さん夫婦がつくるスープカレー&コーヒーは、心を温め人を呼ぶ

  2. 梅谷醤油_大杉樽

    【吉野町 #2】100年来の蔵付き酵母が、少しずつ少しずつ。1年かけて醸し出す「宮滝醤油」が問う、本物とは?

  3. 岩城島でべそおばちゃんの店

    【岩城島 #4】町の記憶がおいしさを生む 〜 レモンの島のおふくろの味

  4. 中川はちみつ工房

    【中川村 #1】中川はちみつ工房のハチ研究家・富永朝和さんは、ハチと会話し、楽園をつくる!

  5. 開田高原アイスクリーム工房

    【木曽町 #3】搾りたて牛乳でつくる『開田高原アイスクリーム』はとうもろこし、チーズ、ヨーグルトなど個性派ぞろい!

  6. 中井春風堂

    【吉野町 #3】「賞味期限は10分。」ここに来なければ食べられない、本物の「吉野本葛」を学び、食す、世界に1つの葛道場

  7. 中津川民宿

    【飯豊町 #1】民泊の先駆け「なかつがわ農家民宿組合」は、助け合いながら個性を磨く。

  8. こねりのパン

    【中川村 #3】5年越しで理想の家を発見。『暮らしの工房 こねり』大池さん夫妻が見つけた「心地よい暮らし」

  9. 飯豊町BOOK

    『飯豊町BOOK』発行しました!

  1. 富士見堂せんべい

    下町の「せんべい屋・富士見堂」が、激戦のJR東京駅グランスタで1…

    2019.09.17

  2. 紅・翡翠・琥珀色 光のむこうに見るものは 〜『しそジュース&梅ジ…

    2019.08.07

  3. 梅のブランデー漬

    【SHOP】しみじみおいしいの秘密「カリカリ梅のブランデー漬」

    2019.07.23

  4. 阿智の里の漬物

    【SHOP】阿智村の漬物シリーズ1〜5|みょうが・赤根大根・らっき…

    2019.06.17

  5. あちの里_ゆず味噌

    「誰といると心が素直になれますか?」やさしくなれる阿智村のゆず…

    2019.06.08

  1. 富士見堂せんべい

    下町の「せんべい屋・富士見堂」が、激戦のJR東京駅グランスタで1…

    2019.09.17

  2. つきぢ田村対談

    【対談】「美しい」と「美味しい」を届けるために

    2018.05.13

  3. 梅のブランデー漬

    【SHOP】しみじみおいしいの秘密「カリカリ梅のブランデー漬」

    2019.07.23

  4. すんきパスタ

    【SHOP】塩を使わない漬物「すんき」はこう楽しむ! 465円

    2019.05.17

  5. endoji_street

    『名古屋 円頓寺商店街の奇跡』〜 シャッター街は甦ったか?【書評】

    2018.09.04

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー