開田高原アイスクリーム工房

【木曽町 #3】搾りたて牛乳でつくる『開田高原アイスクリーム』はとうもろこし、チーズ、ヨーグルトなど個性派ぞろい!

▼ 開田高原に行ったら、必ず食べるべきアイスクリーム
▼ 資源は磨いてこそ光る。木曽町の乳製品
▼「足もとを掘れ!そこに泉が湧く」
▼ ALL JAPAN コンテストでダブル受賞!ナチュラルチーズでも逸品を生む

開田高原に行ったら、必ず食べるべきアイスクリーム

 
これからアイスクリームを食べるというのに、この日はかなり寒かった… 信州・木曽町の中心部から、冷涼な開田高原へ向かう。標高が上がるにつれ、気温はグングン下がっていく。車を降りる頃には、もう明らかに寒いと感じていた。

それでも「開田高原アイスクリーム工房」の前には、行列ができている。

内心では「今日はもう、アイスは(食べなくても)いいかな…」。そんな気持ちになっていたのだが、店に入るとその気持ちが一変する。

開田高原アイスクリーム工房

とうもろこし、はちみつ、えごま、
かぼちゃ、そば、チーズ、ヨーグルト……

 
バリエーションに富んだ、個性派アイスがズラリ並んでいる。

これは食べないと損! 急に気持ちが高ぶってくる。寒さのことは、もう頭にない。

さっそく注文したくなる衝動を抑えて、しばし他のお客さんの様子を観察してみる。

この日は平日のせいか、年齢層は少し高め。女性同士のグループとシニアのカップルが多い。そのうちの半分ほどが「とうもろこしのソフトクリーム」を注文している。なるほど… こうして自分が注文するアイスも決まる。

ハチミツ、えごま、チーズ、ヨーグルト… 目移りするが、それらはお土産に買って帰ることにする。

開田高原アイスクリーム工房

そうしてありついた「とうもろこしのソフトクリーム」は、しっかりとうもろこしの味が効いている、なるほどのおいしさ。

ここ開田高原は、非常に高糖度なとうもろこしの産地として知られ、夏場の収穫期には、朝採りとうもろこしを求めるファンが遠方から多数やってくる。その開田高原とうもろこしを惜しみなく使っているから、このソフトクリームの旨さが生まれる。

「開田高原アイスクリーム」「開田高原とうもろこし」。2つの人気商品のかけ合わせにより、「ここに来たら食べなきゃいけない」メニューになっている。

資源は磨いてこそ光る。木曽町の乳製品

開田高原アイスクリーム工房

これだけアイスクリームが人気なのだから、開田高原にはさぞかし広大な牧場があるのだろうと思いきや、どうもそうではないらしい。

車を走らせても、あまり牧場を見かけない。むしろ、日本在来馬(和種)「木曽馬(きそうま)の里」の看板の方が目立つ。

不思議に思いつつ、「開田高原アイスクリーム ファクトリー」を運営する(株)エイチ・アイ・エフの斉藤信博 社長にお話を伺った。

「うちのアイスクリームに使う牛乳はすべて、当社役員でもある牧場主の牛から採れたものです。毎朝、搾りたての生乳を運びいれ、アイス工房内で殺菌して使っています。」

「1日、約70トンですから、量自体はそれほど多くありませんが、もともとのコンセプトが旧 開田村(※1)の原料を使っていくことですから、基本は身近にあるものを生かします。」

「今は、木曽郡内のものを優先し、アイスのフレーバーは常に10種類ほど。ただし、無理に広げようとせず、原料不作のときは品切れのときもあります。」

話を聞くうちに、少しずつ開田高原アイスクリームの人気の秘密が見えてくる。

※1 木曽町は平成17年に開田村・日義村・三岳村・木曽福島町の4町村が合併して誕生。旧 開田村だけは合併前から単独で「日本で最も美しい村」連合に加盟していた。

 

「足もとを掘れ!そこに泉が湧く。」

 
開田高原では、借り物の “まちおこし” ではなく、地に足ついた まちづくりを実践している。

足もとの資源を冷静に見つめ(現状認識)

コレと決めた強みを磨き(発掘・向上)

よそから抜けでるまでトライアル&エラーをつづける(継続)

「地域ブランド」として認知される(浸透・拡大)

地方の人と話していると、「いいわよねぇ、あそこは」とか、「うちにはなにもない」などの言葉が出ることがある。隣の芝生は青く見えるもの。

開田高原にはスキー場があるが、決して恵まれた環境ではない。無いものねだりではなく、あるものを磨くことで、これほどに人気のアイスブランドを築くに至った。

「足もとを掘れ!そこに泉が湧く。」その言葉のとおり、実践しつづけたのが開田高原といえる。

ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト で優秀賞 獲得!

チーズ&ヨーグルトでも逸品を生む

アイスクリームの存在に隠れているのだが、ここのチーズとヨーグルトも見逃せない逸品だ。なにしろ斉藤社長自身が、チーズ職人でもある。

『カマンベールチーズ』は、「2009 ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト」で優秀賞を獲得。さらに『クリームチーズ』が、同「中央酪農会議会長賞」受賞。

見事ダブル受賞の栄誉を勝ち取っている!

「足もとを掘れ…」の言葉のとおり、たった一軒の牛乳を生かすべく、技を磨くうちに泉がわき、人が集まるオアシスになった。

アイスクリームにつづき、チーズでもたしかな結果を生むことで、工房の評判はいよいよ高まる。さらに足もとを見ると、木曽町にしかない発酵食品「すんき」に気づく。それが画期的な機能性ヨーグルト『SNKY』(スンキー)誕生につながるのだが、この話はぜひ次回あらためて。

「発酵のまち・木曽町」に「開田高原アイスクリーム工房あり!」です。

開田高原アイスクリーム

「開田高原アイスクリーム工房」
  ーーーーーーー
【住所】長野県木曽郡木曽町開田高原末川4411−9
【TEL】 0264-42-1133
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】1月から3月末まで火曜日定休

木曽町バナー

関連記事

  1. 【大玉村 #5】『大玉村BOOK』発行しました!

  2. 【十津川村 #1】雄々しく切り立つ断崖。悠然と流れる川。幽幻の美に浸る、日本随一の秘境・瀞峡

  3. 梅谷醤油_大杉樽

    【吉野町 #2】100年来の蔵付き酵母が、少しずつ少しずつ。1年かけて醸し出す「宮滝醤油」が問う、本物とは?

  4. 岩城島「でべそおばちゃん」

    【岩城島 #4】町の記憶がおいしさを生む 〜 レモンの島のおふくろの味

  5. 柿の葉ずし

    【吉野町 #5】甘酒部門 第1位「日本一の手みやげはこれだ!」美吉野酒造の甘酒&文豪・谷崎潤一郎が愛した「柿の葉ずし」

  6. 【木曽町 #2】小池糀店の味噌せんべい、ピリカラ糀、甘酒は専門店ならではの逸品ぞろい!

  7. 小池糀店

    【木曽町 #1】強い糀(こうじ)が、ウマさの秘訣。小池糀店が守りぬく「味噌玉」のスゴさ!

  8. 【阿智村 #1】『具だくさんトマトソース』は高野豆腐、ニンニク、しめじ入り。伝統+オリジナリティで「これじゃなきゃダメ!」を生む

  9. 木曽町すんき漬

    【木曽町 #5】愛おしく、いと惜しい「すんき漬」は300年を越えて受け継がれる

  1. すんき乳酸菌ゼリー

    花粉症が治ってしまった。驚異の乳酸菌「すんき」の力

    2020.03.27

  2. レモンなのに甘い! 皮ごと味わう「スイートレモン」とまるでオレン…

    2020.03.23

  3. 三陸の海

    3.11 こんな日にこそ、明るいニュースを届けよう

    2020.03.11

  4. 田野畑村ワカメ

    【SHOP】北三陸から朝採り直送! 春先の美味「ワカメしゃぶしゃぶ」…

    2020.02.26

  5. 南米随一!美食大国・ペルー料理を大玉村(福島県)で堪能!

    2020.01.30

  1. 『大玉村Book』期間限定プレリリース!

    2018.07.30

  2. レモンなのに甘い! 皮ごと味わう「スイートレモン」とまるでオレン…

    2020.03.23

  3. 青いレモンの島のマーマレード

    【SHOP】2色の完熟レモンマーマレードは、レモンと砂糖だけで作っ…

    2019.12.02

  4. 開田高原の味噌漬カマンベールチーズ

    『味噌漬モッツァレラチーズ』は2人の発酵職人が生みだす「発酵の…

    2019.12.08

  5. endoji_street

    『名古屋 円頓寺商店街の奇跡』〜 シャッター街は甦ったか?【書評】

    2018.09.04

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー