【吉野町 #2】100年来の蔵付き酵母が、少しずつ少しずつ。1年かけて醸し出す「宮滝醤油」が問う、本物とは?

大手メーカー製品から小さな村の醸造所のものまで、全国各地にいろいろな醤油がある。買うときに何を見て、どこまでこだわるか。ズラリ並んだスーパーの棚の前で、消費者は迷う。つくり手も迷っている。

料理の「つま」よろしく、醤油ももう自分では買わない人が珍しくなくなった。家で料理をしないのだ。出来合い品には「しょうゆ」が付いてくる。文字どおり精魂こめ、1年もの歳月をかけて作り出した醤油との違いに、果たして食べる人は気づいてくれるだろうか? つくり手も迷っている。

奈良県吉野町 宮滝地区にある「梅谷醸造元」を訪ねる。
万葉に詠われる明媚な「吉野宮」があったこの土地で、梅谷清嗣(きよつぐ)さん・清二さん兄弟がわずか5人ほどで昔づくりの醤油と味噌を受け継いでいる。

蔵に入るとすぐ巨大な杉樽が目に飛びこんでくる。これほどの樽で、今なお醤油づくりをつづける醸造元はもう国内にいかほどあるか。

なにしろ仕込みから、でき上がりまで最低1年かかるのだ。合理化が進み、あらゆる“非効率”が悪とされがちな現代の経営において、こうした醸造法を守ることが果たして“理”に適ったものなのか。

1年かけて熟成した天然醤油に、さらに麹を仕込みもう1年寝かせる「再仕込みしょうゆ『舌つづみ』」まで作っているのだ。

でき上がりまで、丸2年。発酵を促し、菌たちが少しずつ、少しずつ、旨みを醸し出してくれるのを、根気強く待たねばならない。その間、世間ではさまざまなトレンドが生まれては、消えていく。迷うなという方が、無理な話ではないか。

危機だからこそ、面白い。ただし、そのときに「本物」がないといけない。

それでも梅谷さんたちは、明治から100年以上つづくこの蔵で、昔ながらの醤油&味噌づくりを続けている。
その歩みを止めてしまうのは、簡単だ。すでにこれほどの大樽を作れる職人も、材料となる大木も、見つけるのは非常に困難になっている。

しかし、「梅谷さんところの宮滝醤油を」と指名買いしてくれるお客さんがいればこそ、止めることなく続けている。
目に見えないが、もう1つとても大切なものがある。

「蔵つき酵母が、うちの味そのものですわ」、清嗣さんがいう。
受け継いだのは蔵だけでなく、そこに100余年かけて棲みついた酵母もだ。

この蔵つき酵母こそが、醤油の旨みをつくる。
蔵を“工場”にしたとき、蔵つき酵母はもう居ない。

伝統を受け継ぎながらも、梅谷さんたちは新たな展開にのり出してもいる。
つぎつぎと新作を生み出しているのだ。

「今は危機やけど、ある意味なんでもありで面白い。昔やったら“規範”があったでしょ。こうせなあかん、という。今はそれが、良いか悪いかはともかく無くなって、やりたいことは何でもやれる。」

そういう清嗣さんからは、頑固な職人さんのイメージは浮かばない。

「僕は元々木こり、林業の方が専門やったんで、醤油のことは本当は弟に聞いてもらった方が良いんです。スンマセンなぁ」という姿は、むしろ気さくな“大阪のおっちゃん”といった雰囲気だ。それでも、

「そのとき“本物”がないといかんでしょ。中身あってこそやから。本物が何か、というのがまた難しいんですけどね」
そう笑う清嗣さんの眼には、やはり職人魂が宿っている。

マツコも、ハリウッド女優も魅せられる。梅谷醸造の「宮滝ぽん酢しょうゆ」。「サクサク醤油飴(あめ)」もオススメ!

芯がありながら、ユーモアも忘れない梅谷さんだからこそだろう。各界の「本物」が認め、愛用する。

まずは「奈良」を世界の映画シーンに広め、伝える、河瀬直美 監督。カンヌ国際映画祭グランプリをはじめ数々の世界的賞を受賞している同監督が、長きに渡るファンというのが『宮滝ぽん酢しょうゆ』

天然醸造醤油をベースに、爽やかなユズ風味が強いインパクトを残す逸品だ。定番の鍋料理はもちろんだが、醤油代わりにお刺身や焼き魚、豆腐料理に、肉料料理まで、万能調味料として何にでも使えてしまう。

その河瀬監督が昨年末、梅谷醸造さんにビックリゲストを連れてきた。
今年(2018年)公開予定の新作『Vision』で永瀬正敏さんと共にダブル主演を務める、オスカー女優、ジュリエット・ビノシュだ。

世界を旅しながら紀行文を執筆しているフランスのエッセイスト(ビノシュ)が奈良を訪れ、現地で出会う山守の男(長瀬)と心通わせていく、というストーリーらしいのだが、そのビノシュさんは梅谷さんとも共鳴したようで(!?)、フランスに醤油&ぽん酢を持ち帰るといって沢山ご購入されたらしい。

(知らぬ方のために補足しておくと、ジュリエット・ビノシュさんとは、
世界三大映画祭の全てで主演・助演女優賞を受賞したフランス出身の超大女優です!!)

 
さらに、もう少し身近な話題としては、TBS系 TV番組 『マツコの知らない世界』の「ポン酢の世界」にも『宮滝ぽん酢しょうゆ』は登場し、マツコ・デラックスを唸らしめた。

こうして各界の著名人を唸らせるのも、梅谷さんが「本物」を守り続けているからこそだろう。
ぜひ、この味、この心が、さらに多くの人たちの知るところとなり、広がることを願わずにはいられない。

「梅谷醸造元」
ーーーーーーーー
【住所】 奈良県吉野郡吉野町宮滝262-2
【TEL】0746-32-3206(フリーダイヤル:0120-39-3206)
【営業】 年中無休( 8:00~19:00 )

関連記事

  1. ながめやま牧場

    【飯豊町 #4】東北初の完全放牧による、ながめやま牧場の牛乳&ミルクジャム

  2. 吉野町国栖地区

    【吉野町 #4】「日本で最も美しい村」から世界に発信 〜 国栖(くず)の里に伝わる「おふくろの味」

  3. 岩城島でべそおばちゃんの店

    【岩城島 #4】町の記憶がおいしさを生む 〜 レモンの島のおふくろの味

  4. basecamp coffee

    【中川村 #2】「basecamp COFFEE」で伊藤さん夫婦がつくるスープカレー&コーヒーは、心を温め人を呼ぶ

  5. 矢的庵

    【吉野町 #1】命をいただく、矢的庵のジビエそば&ラーメン

  6. スモークハウス白南風・青木章さん

    【出雲・石見銀山 #1】滾るマグマを見て、写真家から燻製職人へ。炎と煙の使い手・青木章さん

  7. 大森の郷

    【十津川村 #5】アレックス・カー氏とつくる、古民家ホテル『大森の郷』〜 In Search of Japan’s Beauty

  8. 秘境キノコ_ぶなしめじ

    【十津川村 #2】山の奥地に見つけた、圧巻の「秘境キノコ」!

  9. あちの里

    【阿智村 #2】郷土料理を超えていけ!お漬物が「キレイでしょ」といえるからプライドになる。

  1. 「青いレモンの島」岩城島のレモン

    「青いレモンの島」の「青いレモン」、出荷始まりました!

    2019.11.16

  2. 富士見堂せんべい

    下町の「せんべい屋・富士見堂」が、激戦のJR東京駅グランスタで1…

    2019.09.17

  3. 紅・翡翠・琥珀色 光のむこうに見るものは 〜『しそジュース&梅ジ…

    2019.08.07

  4. 梅のブランデー漬

    【SHOP】しみじみおいしいの秘密「カリカリ梅のブランデー漬」

    2019.07.23

  5. 阿智の里の漬物

    【SHOP】阿智村の漬物シリーズ1〜5|みょうが・赤根大根・らっき…

    2019.06.17

  1. つきぢ田村対談

    【対談】「美しい」と「美味しい」を届けるために

    2018.05.13

  2. 大森の郷

    【11〜12月 アクセス・ランキング】第1位は秘境・十津川村の古民家…

    2018.12.26

  3. 『大玉村Book』期間限定プレリリース!

    2018.07.30

  4. いわぎレモン鍋

    【SHOP】「青いレモンの島」岩城島の『レモン&柑橘セット』 3,200円

    2019.04.09

  5. あちの里_ゆず味噌

    「誰といると心が素直になれますか?」やさしくなれる阿智村のゆず…

    2019.06.08

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー