石見銀山 大森集落

【出雲・石見銀山 #2】人口20万人→ 400人!激減しても来訪者の心をつかむ石見銀山・大森集落の不思議

出雲大社近くの燻製(くんせい)「スモークハウス 白南風」(しらはえ)を後にして、石見銀山・大森集落へ向かう。出立時、工房主の青木章さんに、大森町の「他郷 阿部家」へ行くと伝えると、こんな返事が返ってきた。「あそこに行くの! あれゃ、江戸時代みたいなところだ」。

白南風さんもかなり「タイムスリップ感」(時代超越感!?)があるのだけど、その青木さんがそこまでいう? それほどにフツウじゃない場所なのだろうか…

出雲から日本海沿いを西へ約1時間。その後、海を背にして、山の中を30分ほど車で走る。そこまでは地方都市によくある景色。ロードサイド店、パチンコ屋、コンビニ、ガソリンスタンド… 特に心ゆさぶられるものはない。

多少、田舎らしい風景になってきたかなと思ったとき、カーナビが鳴る。「まもなく、目的地周辺です」。 えっ、もう着いてしまう!?

まだ、気持ちの盛り上がりが足りない。江戸時代へ行くんじゃなかったのか。そう思う間もなく、アナウンスが流れる。「目的地に到着しました。案内を終了します」。

「…………」。

石見銀山 大森町

すっかり山の中。
人が、いない。

いる気配も、ない。

しばし佇む。
聞こえるのは、風の音。田んぼを泳ぐカモの鳴き声。

石見銀山・群言堂

かれこれ5分ほどいたろうか。
結局、人っ子一人、現われなかった。

かつてここには、20万人もの人が暮らしていたという。当時の日本は世界屈指の銀採掘量を誇り、その大部分がここ石見銀山から運ばれた。現在の人口は、およそ400人。往時のわずか 0.2%。

そのおかげで、豊かな自然が残った… とは、決していえない。例えば、浅草や上野駅がある東京・台東区の人口が、現在 約20万人。関西なら、だんじり祭で有名な大阪・岸和田市がほぼ同数。その人口がもし、400人になったら?

美しい自然や町並みが残る… わけがない。想像するのも恐ろしい、殺伐とした廃墟が残るはずだ。ところが、この大森町では、そうならなかった。

わずか400人で、来訪者を魅了する町並みを今なお、維持している。

これは、とてつもなく凄いことではないか?

「あちら側」(↑)と「こちら側」(↓)

石見銀山 大森集落

道をたずねるため宿へ電話して分かったのだが、私は集落の「外側」におり、人が暮らすのは橋を渡った「あちら側」にある。

まるで結界のように川の水が、2つの世界を隔てている。橋を渡ると、景色が一変した。

石見銀山 大森集落

メイン通りと呼べる道がある。ほとんどの家屋が、この通りに面している。

街中ならばウィンドウショッピングをする感覚に近いのだけど、ここはお店よりも一般の民家が多いので「縁側ストリート」とでもいおうか。ここを歩くだけで、ひとしきり町の人とは挨拶を交わせそうだ。

どの家も皆、個性的。けれども、自己主張し過ぎない。

銀行も、郵便局も、もちろん地域交流センターも。個性があるのに調和する。

石見銀山 大森町銀行

石見銀山 大森郵便局

石見銀山 町並み交流センター

古い町並みを保存しようと、規制を強化し、観光客の呼びこみに躍起になる町はあるけれど、ここには良い意味での「ユルさ」がある。

うわべのキレイさを保っているのでなく、暮らしの中に遊び心がある。それが心地よい。

石見銀山 大森町
石見銀山 大森町
石見銀山 大森町

町全体に広がる美意識は、どこから生まれてくるのだろう?

いかに人口が少ないとはいえ、いろんな考えの人がいる。意思統一は、容易でないはず。少しでもエゴが先んずれば、調和は乱れる。

だれか1人、聡明なリーダーがいて、強いリーダーシップで全体をひっぱるとしても、これほどのエリアと時間軸をもって全体を保ちつづけられるものではない。この町の民度の高さは、なんなのだ…

その答えを探している。
目指す場所が、見えてきた。「暮らす宿 他郷 阿部家」。この町の発展に大きな影響を与えた宿の主、松場大吉さん・登美さん夫婦に話を伺う。

いよいよ「阿部家」の中へ入っていく。

暮らす宿 他郷阿部家

(つづく) 

出雲・石見銀山 特集ロゴ

関連記事

  1. 小辺路観音様

    【十津川村 #4】世界遺産・小辺路脇にたたずむ「天空の里・果無」(はてなし) は、文字どおり果てし無く遠く、神秘的

  2. 中津川民宿

    【飯豊町 #1】民泊の先駆け「なかつがわ農家民宿組合」は、助け合いながら個性を磨く。

  3. ながめやま牧場

    【飯豊町 #4】東北初の完全放牧による、ながめやま牧場の牛乳&ミルクジャム

  4. allan_west

    【特別対談 #1】日本画家 アラン・ウェスト 〜 理想の顔料を求めて、日本へ

  5. 【田野畑村 #1】今こそ1番ウマいとき! 北三陸の漁師たち自慢の「ワカメしゃぶしゃぶ」を味わうなら今

  6. 2019.3.11 特別広告

    【特別企画】上を向いて歩こう

  7. 吉野町国栖地区

    【吉野町 #4】「日本で最も美しい村」から世界に発信 〜 国栖(くず)の里に伝わる「おふくろの味」

  8. 木曽町すんき漬

    【木曽町 #5】愛おしく、いと惜しい「すんき漬」は300年を越えて受け継がれる

  9. allan_west

    【特別対談 #2】日本画家 アラン・ウェスト 〜 影を追いやって、日本は大切なものを失った

  1. すんき乳酸菌ゼリー

    花粉症が治ってしまった。驚異の乳酸菌「すんき」の力

    2020.03.27

  2. レモンなのに甘い! 皮ごと味わう「スイートレモン」とまるでオレン…

    2020.03.23

  3. 三陸の海

    3.11 こんな日にこそ、明るいニュースを届けよう

    2020.03.11

  4. 田野畑村ワカメ

    【SHOP】北三陸から朝採り直送! 春先の美味「ワカメしゃぶしゃぶ」…

    2020.02.26

  5. 南米随一!美食大国・ペルー料理を大玉村(福島県)で堪能!

    2020.01.30

  1. レモンポーク・ハンバーグ&餃子

    【SHOP】レモンポークのぎょうざ&ハンバーグ 420円〜

    2019.04.23

  2. endoji_street

    『名古屋 円頓寺商店街の奇跡』〜 シャッター街は甦ったか?【書評】

    2018.09.04

  3. 至高の奥吉野メニュー 〜 レストラン「アコルドゥ」より

    2018.04.11

  4. 富士見堂せんべい

    下町の「せんべい屋・富士見堂」が、激戦のJR東京駅グランスタで1…

    2019.09.17

  5. 梅谷醸造元ぽん酢しょうゆ

    マツコも、ハリウッド女優も魅せられる。梅谷醸造元の「宮滝ぽん酢…

    2018.03.30

「上島町 岩城島」特集

岩城島バナー

「あちの里」特集

阿智村特集

「山形県 飯豊町」特集

飯豊町BOOKバナー

「福島県 大玉村」特集

大玉村BOOK
メルマガバナー