ながめやま牧場

【飯豊町 #4】東北初の完全放牧による、ながめやま牧場の牛乳&ミルクジャム

飯豊町にある「ながめやま(眺山)牧場」は、完全放牧で乳牛を育てる東北初の牧場だ。

180ha(東京ドーム約38個分!)もある広大な敷地を牛たちが、勝手気ままに歩き回り、草をはみ、水を飲み、寝る。ストレスフリーで、さぞ心地よいだろう。良い乳も採れるに違いない。

そんなほのぼのと、絵に描いたような牧歌的風景が見られると期待してやってきた。

唯一の気がかりが、天候。
雨がふり、泥にまみれてしまったら、だいなしだ。その天気が見事なまでの晴れ模様。これで万全と思いきや……

ながめやま牧場

「今日は暑すぎて、牛たちは皆、牛舎から出てこないですね。」
場長の松岡健さんから、そう告げられてしまった。

せっかくの快晴が、かえって仇となった。
そよ風吹く小高い丘に、牛が1頭も、いない……。

仕方がない。ガッカリして牛舎に向かう。
勝手気ままな牛たちは、人の都合など知りはしないのだ。

ながめやま牧場

牛舎といっても、ながめやま牧場の牛舎は広々と開放的で、一般的にイメージされるゲージ(柵)に囲まれた狭い小屋ではない。

これだけのスペースがあれば、牛たちが皆、集まっても快適に過ごせる。日射しを嫌い、避難してくるのも無理はない。

ホルスタイン(黒と白のまだら模様の牛)に混じって、10頭弱のジャージー(全体が茶色の牛)もいる。ジャージーは人懐っこい牛のようで、「なに、なに?」と訊くかのような顔をして近づいてくる。ちょっと柴犬のようで、カワイイ。

ホルスタインは、我関せずとばかりに、牛舎の奥にいて見向きもしてくれない。

そんな中、1頭のホルスタインだけが、入口に近いところに横たわっているのに気づいた。

お腹を大きく上下させ、ときどき呻き声をあげている。
様子がへんだ。

よく見ると、尻尾のあたりから何か出ている。
尻尾にしては太く、まっすぐ棒のように伸びている。

牛自身のものではない。
別の牛の脚が突き出ているのだ。

まさに、出産の瞬間。
新しい命が、今、生まれ出ようとしていた。

目の前で思いがけず、新しい命が生まれ、光を浴びている。
月並みないい方だが、やはり感動的だ。

母牛はこれが初産だったらしく、自らも驚いた様子で、産み落としたあと子牛に顔をよせはしたが、どうしたら良いか分からないようで離れていってしまった。

場長によると初産の牛には、めずらしくない行為らしく、別の牛が気にかけて近づいていく。
生まれたばかりの子牛は、じっとうずくまり、声もあげない。

ただ、目をパッチリと開き、はじめて見る世界を、自分になにが起きているのかを、分かろうとしているかのようだ。

ながめやま牧場

そんな感傷にふけっていると、パーラー(搾乳室)への扉が開き、牛たちが動き出した。人に導かれずとも、パンパンに張った乳を搾ってもらうべく、自らパーラーへ向かうのだ。

「早くしてくれ」 といわんばかりに、アッという間に行列ができた。

ここながめやま牧場の搾乳機には、大きな特徴がある。
まるで遊園地のメリーゴーランドのように、クルクル回るのだ。

ちょうど1頭が入るサイズの小さなスポットがいくつもあり、牛が自分で入っていく。すると、人が乳房に搾乳機をセットして、時計回りに回転する。また次の1頭が空いたスポットに入り、回転し、その繰り返し。

上から見るとまさにメリーゴーランドのよう。
牛たちはいたって気持ちよさそうに、おとなしくしている。不思議な光景。

牛たちと目が合った。
「なに見てんのよ。気持ちいいのよ。」そう言ってるかのようだ。
(もちろん言葉は分からないけど、その静かな様子からは不満げな気配は感じられない)

そうして搾られた「ながめやま牧場」のミルクは、よその牧場のミルクと混ぜられることなく、その日のうちに専用タンクで運ばれ、低温パスチャライズ殺菌(75°C15秒)される。

それほどの手間をかけて出来上がるのが、日本初「放牧酪農牛乳」認証を取得した『ながめやま牧場の放牧酪農牛乳』であり、その牛乳を煮つめてつくる地元・人気菓子店「香月」さんとのコラボで生まれた『ながめやま牧場のミルクジャム』だ。

この贅沢極まりないミルクジャムについては、次回「香月」さんのレポートと併せてご紹介するので、ぜひご覧いただきたい。お楽しみに!

飯豊町バナー

関連記事

  1. allan_west

    【特別対談 #2】日本画家 アラン・ウェスト 〜 影を追いやって、日本は大切なものを失った

  2. 小辺路観音様

    【十津川村 #4】世界遺産・小辺路脇にたたずむ「天空の里・果無」(はてなし) は、文字どおり果てし無く遠く、神秘的

  3. allan_west

    【特別対談 #1】日本画家 アラン・ウェスト 〜 理想の顔料を求めて、日本へ

  4. いいで米ネットワーク

    【飯豊町 #2】いいで米ネットワークは、飯豊町のイイ人、イイ米、イイ出会いをつなぐ

  5. 吉野町国栖地区

    【吉野町 #4】「日本で最も美しい村」から世界に発信 〜 国栖(くず)の里に伝わる「おふくろの味」

  6. 矢的庵

    【吉野町 #1】命をいただく、矢的庵のジビエそば&ラーメン

  7. 【大玉村 #5】『大玉村BOOK』発行しました!

  8. yubeshi

    【十津川村 #3】長寿の国の食べもの見聞録 〜「ゆうべし(柚子釜)」

  9. 米沢牛

    【飯豊町 #3】米沢牛というトップブランドを引きうける覚悟